デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > 会社概要 > 番組審議会

番組審議会

放送番組審議会委員(2017年7月~)

委員長 山田一廣(ノンフィクションライター)
副委員長 布施 勉
委員
*五十音順
伊藤有壱(東京藝術大学大学院教授) 五大路子(女優) 白石俊雄
二宮泉(神奈川県農業協同組合中央会常務理事) 林義亮(神奈川新聞社 取締役 論説主幹) 吉川智惠子(弁護士)


第393回テレビ神奈川 放送番組審議繪報告

2019年3月12日(火)開催

報告

タイムテーブル 特別番組 視聴者対応

審議の主な内容
*視聴合評「部活応援プロジェクト しゃかりき」(毎週金曜 午後11:00~放送) 2/22放送分

委員 出る人の影に、出られない人がいるということ。部活の宿命みたいなものにスポットライトを当ててやったのはいいと思った。
委員 「今の高校生は、もっとしらけて、1人の世界に閉じこもっているかと思ったら、こんな熱い世界があったんだ」とすごい衝撃を受けた。もう少し誰かにポイントを置いて追いかけてみるのも、部活動の違う面、側面を表すのかなと思った。「もう生きるのも嫌だ」「面倒くせえ」と言っている子たちがたくさんいる中で、こんなにも素敵に輝いているということを見られて、感謝。
委員 子どもたちが本当に元気だということを画面の中で見させてもらい、嬉しくなった。真っ白なところに4人が座っているスタジオは、部活応援プロジェクトというテーマからすると、もっとざわざわしていて、躍動感があってもよいのでは。かなりレベルの高い学校を取材しているようだが、もっと名もない、有名でもない、そういう部活を世に出していくとか、そういう部活をやっている子たちが、「私たちも世間に見てもらった」みたいな、視聴者参加型な番組であってもいいと思う。
委員 tvkらしい、地元のテレビ局らしい番組。しかも文化系のクラブ活動も積極的に取り上げるということは、日頃なかなかスポットが当たりにくい彼ら、彼女たちに光を当てるという意味でも非常によい。学校の先生たちも温かく迎え入れてくれるという理由が分かったような気がする。「密着」と言うからには、的を絞って、日頃の練習風景をもう少し多めに撮れば、もう少し視聴者に訴えかけてくるものがあったのではないか。
委員 スタジオセットの美容院のおかまは何の意味があるのか。また4人は、どういう役割になっているのか。前段のトークは尺が長い割に、面白くなく。中高生中心の対象番組で、若い人に受けるかもしれないが、つながりみたいなものはないのではないか。ただ、大会の映像が挟まれていく中で、「さあ、行った」とか、一生懸命肩入れして応援しているトークは、好感を持って受け止めた。映像としては、楽屋で喜ぶ控え生徒の表情や笛、中央ですごいパフォーマンスを見せた男の子のアップなどは迫力があってよかった。
委員 学校側の視点、子ども1人ひとりのものの考え方、人生観みたいなもの、あるいはそれを経ることによってどう変わっていったのかという視点を、番組を作る側として考えてやると、見る方はただ面白いなというだけじゃなくて、相当いろいろな意味があるのだなというふうに考えるのではないか。
委員 桐蔭学園高校・中等部に、こういう和太鼓部があるのかと驚いた。和太鼓の迫力のある映像を作っていたと思う。神奈川県内の学校数はかなりあるが、ぜひ1つ1つこの学校を「しゃかりき」に番組制作に携わってもらえたらと思う。
tvk メジャーところではなくて、こんな学校にこんな部活があるのかというところも網羅している。部員不足で悩んでいたり、全国大会の1歩手前でいつも終わってしまうところも追ったり、いろいろな生徒の頑張りがあるんだなというところは、バランスよく見ていこうといつも心掛けている。
この番組は、VTRをいかにインパクトのある取材をするかというところが一番勝負。MCを選んだ理由も、運動部の出身であるとか、部活出身ということが見たときに共感を得られる。ライセンスの2人はコメント力があるので、VTR中のワイプでいかにリアクションが取れるかというところを基準として起用している。スタジオセットは、スタジアムを組んだりいろいろな形にしたかったが、取材をする制作費で、スタジオ費用はなくなってしまった。それを逆手に取って、スタジオをシンプルに見せることによって、よりVTRのパンチを強くすることに重きを置いた。
神奈川県をこの番組から、熱い思いでバックアップしていくと。きかっけは部活だが、神奈川県を全体的に熱く盛り上げ、「明日も頑張ろう」という気持ちを感じてもらうよう日々制作をしている。

出席者

委員 山田委員長 布施副委員長 白石委員 二宮委員 林委員 吉川委員
tvk 中村行宏代表取締役社長 押川渉常務取締役技術局長 嶋田充郎取締役報道制作局長 壷阪敏秀編成局長 近藤和之編成部長 重富浩二プロデューサー 幡山教道ディレクター

次回視聴合評番組
第7回アフリカ開発会議 横浜開催特別番組「アフリカと横浜 あふれる力でともに未来へ」3/20(水)午後8:00~8:55放送


バックナンバー