デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
7:30
シャキット!

『サルベージ流 きゅうりとカリカリ豚の塩レモン炒め』

2016/7/30放送

●サルベージポイント

きゅうりは漬物、サラダと生で食べるイメージが強く一度に沢山は食べれず余りがちかもしれませんが、きゅうりの皮と種をのぞいて炒めものにすると、独特な青臭さが抜けてシャキシャキ感も残りきゅうりが主役のおかずに変身します。カリカリに焼いた豚バラとの相性は抜群。仕上げに、焦がし醤油をジュッとかけたら、さらに奥深い味になります。きゅうりの皮はしっかり塩もみしてナムルにすると青臭さも抜け、種はシャーベットにすることで爽やかに。最後に一緒に混ぜていただきます。このメニューはきゅうりを余すことなく味わえ、翡翠色と緑のグラデーションが美しい夏の一皿。暑い夏は丼にするのもオススメですよ!

あまりもの食材(材料)

余りがち食材トップ10(フードサルベージ調べ)
第8位:きゅうり

~その他の食材(2人分)~
豚バラ薄切り・・・150g
塩・胡椒・・・お好み量
レモン・・・1/2個(レモン汁でも可)
付け合わせ・・茗荷、大葉、白胡麻、糸唐辛子などお好みで。

~焦がし醤油ダレ~
醤油・・・大さじ4
酒・・・小さじ2
砂糖・・・少々
ゴマ油・・・少々
(気分に合わせて、刻んだ生姜、にんにく、ネギなどと合わせてもオススメです。)

作り方
  1. きゅうりは水でよく洗い、皮と種の部分を取り除く。塩を振ってしばらくおき、出てきた余分な水分はクッキングペーパーで拭き取り大きめの乱切りにする。種は塩とレモン汁でマリネして凍らせてシャーベットにする。皮は千切りにして塩を多めに振って水分がでてきたらペーパーで拭き取り、塩、ごま油を加えてナムルにする。
  2. 豚バラは食べやすい長さに切り、塩をきつめにふって、出た水分はペーパーで取り除く。
  3. フライパンを中火で温め、豚バラを一枚ずつ並べる。両面がカリカリになるまで焼けたら、余分な脂はペーパーで拭き取る。きゅうりを加えて炒める。塩、胡椒で味を整えたら火を止めてレモンをギュッと絞って和えたら器に盛り付ける。千切りにした大葉や茗荷、白ゴマをお好みで散らす。きゅうりの皮のナムル、種のシャーベットを添える。
  4. 同じフライパンに、酒小さじ2、醤油大さじ4、砂糖少々、ゴマ油少々を混ぜ合わせ中火で煮詰める。
  5. 熱々の焦がし醤油ダレを、➌に回しかけて完成。

TOP