デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
7:30
シャキット!

『明太うなぎはじめました!小どんぶりで…』

2016/8/6放送

●サルベージポイント

明太子も鰻も、どちらもそのままでとっても美味しい食材ですが、高価なので沢山は使えませんよね。2つの食材を卵と合わせ一工夫することで、満足感がありみんなで食べられるどんぶりに変身。明太子は火を通すと一味も二味も違って、プチプチ感もあって美味しいです。鰻は小さく切ることで小骨も小さくなりお子様でも食べやすくなります。出汁に鰻のタレを混ぜ合わせるのも味付けのポイントです。
小どんぶりにして、まずは一口。わさびや薬味と一緒に一口、お湯や出汁を注いでお茶漬けに。ひつまぶしのように楽しめます!冷たいごはんにも合うので、食欲が落ちがちな夏のスタミナメニューとしてこの夏、「明太うなぎはじめました!」はいかがですか?

あまりもの食材(材料2人分)

かねふく明太子・・・1腹
鰻・・・10cm幅1枚
鰻のタレ・・・お好み量
レタス・・・4枚
卵・・・4個

鰹出汁・・・100cc
醤油・・・大さじ2(お好みで調整)
みりん・・・大さじ4(鰻のタレに合わせて甘い場合は量を減らすなど調整)

刻み海苔・・・適量
白炒り胡麻・・・少々
わさび・・・お好み量

作り方
  1. 鰻は2cm幅に切る。
  2. ボウルに卵を入れ溶いておく。
  3. 鍋に鰹出汁、醤油、みりん、鰻のタレを合わせて中弱火で一煮立ちさせる。レタスを小さくちぎり入れ、皮をとりのぞいた明太子をほぐし入れ軽く混ぜ合わせ、火がさっと通るまで煮込む。
  4. 箸で溶き直した卵液の2/3を中心から鍋の縁に向かって流し入れ、鰻を散らし蓋をする。卵液が半熟状になるまで煮込んだら、残りの1/3の卵液を鍋の縁に流し込み半熟状になったら火を止める。
  5. 器にごはんを盛り、➍をふんわりと盛り付ける。白炒り胡麻、刻み海苔を散らし、わさびを添えて完成。お好みで、大葉、茗荷、葱を散らしても美味しいです。

TOP