イントロダクション

舞台は、現代という「戦国」時代。現代を舞台に戦いを繰り広げる、戦国武将の名を持つ者たち。
「戦国武将」=「士(もののふ)」をモチーフとした、「男子」の姿を描きます。

主人公である「伊達政宗」が望むのは、ただの……、喧嘩だった。
「伊達成実」「片倉小十郎」と共に敵の野望を阻止すべく空前絶後の大喧嘩が始まる!

ストーリー

戦国武将の名を持つ者が「顕現(けんげん)」し「天下奪取(てんかとり)」の戦いを繰り広げているー
戦国武将の名を持つ学生たちによって、覇権が争われていたのだった。
南奥州高校――通称「南奥(なんおう)」。「相馬義胤(そうまよしたね)」配下の相馬一派、「畠山義継(はたけやまよしつぐ)」配下の畠山一派、「大内定綱(おおうちさだつな)」配下の大内一派、そして、なぜか徒党を組まず、たった一人で戦い続ける「伊達成実(だてしげざね)」。
そんな抗争の様子を冷ややかに見つめる「片倉小十郎(かたくらこじゅうろう)」。
ある朝、遠い田舎から南奥に転校して来たメガネをかけたガリ勉風の男。
その男の名は「伊達政宗(だてまさむね)」。仲間のために喧嘩をした政宗は、窮地に陥った際に「顕現(けんげん)」し、その超人的な力で相手を一撃する。

今この時、拳と拳をぶつけ合う空前絶後の「戦国時代」の幕があがる。

■「顕現」とは?
[けんげん【顕現】(1)(神などが)はっきりした形をとって現れること。(2)現れ出ること]
信長健在の時代に学校同士での喧嘩の覇権争いによって「顕現」する人物が現れ始めた。覇権争いが話題になるのと平行して「顕現」という力の存在が世の中に広まっていった。「顕現」するには人それぞれの臨界点が有り、その臨界点を突破すると「顕現」することができる。
自然に「顕現」する人物と無理矢理に「顕現」をさせられる人がいて、中には「顕現」を隠しているものもいる。

■顕現した者の証「嘩紋(かもん)」とは?
戦国武将の名を持つ者が顕現したとき、身体の何処かに浮き上がる痣、それが嘩紋(かもん)である。
討伐されると消えてしまうそれは、天下奪取の戦いに参加する資格であるとも言える。
嘩紋は武将の名と縁のある動物や昆虫や植物、あるいは架空の生物を模している。