人物相関図

南奥州高校の隣の女子高に、政宗を追いかけて転校してきた1年生。常に政宗へ好き好きオーラを出している。空手4段の有段者で、男勝りの元気な女の子で自称政宗の彼女。自分よりも政宗と仲良くする成実・小十郎にやきもちを妬く。政宗と共に資福寺で下宿することになる。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

政宗の正室は愛姫(めごひめ)あるいは田村御前と呼ばれる。奥州三春城を本拠とする田村清顕の一人娘だったが、周囲の諸勢力に圧力を受ける実家を救うため、ひとつ年上の政宗に12歳で輿入れした。田村家から同道した侍女が間者と疑われて殺されるなど夫婦仲に波風が立った時期もあるが、政宗の乳母を務めた喜多が正室付きの老女を務めることで解消。伊達家の中に自分の居場所を見出すようになる。秀吉存命中は京の伊達屋敷で暮らし、家康の六男忠輝に嫁いだ長女の五郎八姫や仙台藩の二代藩主となる忠宗など4人の子に恵まれた。その反面、数多くの側室を抱える政宗の艶福ぶりに悩み、娘の五郎八姫とともにキリシタン信仰にのめり込んだこともある。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得