人物相関図

南奥州高校3年。相馬一派のトップ。南奥州のトップだったが、転校初日の政宗にあっさりと負けてしまう。相馬・畠山・大内とはギャング仲間。ラップが好きで何かとラップで政宗に絡んでくる、面倒臭いがいまいち憎めない奴。自分の一派の面倒見は良い。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

相馬は平将門につながる南奥州の名門。協力関係にあった田村が政略結婚で伊達と結んだため、相馬をめぐる状況は悪化の一途をたどる。義胤は15歳で初陣を迎える政宗に攻め込まれて屈辱の敗北を喫した。一時は伊達の家督を継いだ政宗と和解するが、佐竹義重が反伊達の諸将を率いて畠山救援に向かうことを知って一転離反。摺上原の戦いでは存亡の危機を迎えながらも、豊臣政権の小田原討伐に続く奥州仕置きによって所領を安堵された。秀吉時代は佐竹と行動を共にする場合が多く、関ヶ原の戦いでは西軍に通じた疑いで一旦は改易になる。義胤は上杉の二本松城に攻撃を仕掛けた事実を訴え、自らの隠居を条件に相馬中村藩6万石の存続を勝ち取った。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得