人物相関図

南奥州高校の2年で相馬の右腕。相馬のファッションに陶酔しており、自分も相馬に近づこうと制服とはほど遠い派手なファッションに身を包んでいる。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

奥州相馬氏の重臣で、戦場働きに功績のある木幡継清の弟。14代当主の顕胤から相馬中村藩の2代藩主になった義胤まで五代にわたって仕え、三代将軍家光の治世である寛永19年に106歳で往生した。特に初代藩主の利胤は傅役として教育を任されている。ちなみに義胤は16代当主の義胤と同じ名前だが、二人は祖父と孫の関係になる。伊達政宗が中興の祖と呼ばれる9代目政宗にあやかったのと同じで、系図の中に同名があるのは珍しくない。木幡一族は長寿の家系で嫡男の清吉(きよよし)も96歳まで健康を保ち、江戸初期の慶長16年に相馬の本拠を小高城から中村城に移したとき、城下の町割や武家屋敷の縄張り奉行を務めている。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得