人物相関図

顕現した相馬に憧れ、相馬一派に入った南奥州高校の2年。相馬に憧れ、大きなボディランゲージを多様するが、どこか違っていてちょっとマヌケ。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

相馬に仕える譜代の重臣。胤重は幼い頃に父を敵の伊達勢に討たれ、叔父に育てられて成人した。関ヶ原の戦いの直前、政宗率いる一隊が相馬領を通過しようとして交渉の使者を送ってきた。胤重にとっては父の無念を晴らす絶好の機会だったが、逆に相馬は名門らしく正面から堂々と戦うべきと主張し、政宗は使者の報告を聞いて深く感謝したという。数カ月後、相馬は上杉の守る二本松城に夜襲を掛けた。世にいう月夜畑の戦いである。後に相馬は東西どちらにつくか態度が曖昧だったと改易になるが、胤重は月夜畑で討ち死にした者の名簿を証拠として持参し、家康側近に評定のやり直しを願い出た。政宗も相馬の弁明を後押ししたため決定が覆されている。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得