人物相関図

大内一派をまとめる大内の右腕。
大内の名前の「綱」の字を自分の名前に入れてしまうくらい顕現した大内に憧れている。体が大きくかなりの武闘派。

大内定綱の異母弟。父の義綱が田村傘下の時代に片平城を攻め落とし、次男の親綱に預けたことから片平を名乗った。大崎攻めで手痛い敗北を喫した伊達政宗は、挽回の一手として南方の郡山に目を向けるが、先鋒の大内兄弟率いる4千の蘆名軍に綻びはなかった。さらに苦戦する政宗を叩こうと北から最上義光が押し出し、東の相馬義胤も攻勢に出てきた。四方を的に囲まれて最前線に残された伊達成実は、領地を餌に旧知の大内兄弟を調略しようとする。弟の親綱は将来を見据えて伊達帰参を承知し、蘆名の人質に出した母が磔になることを知りながら兄の定綱を説いたという。後から考えれば親綱の決断は正しく、大内は伊達の一族扱いで仙台藩の中に残った。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得