人物相関図

大学生で家康の秘書であり、その正体は暗躍する忍者、服部半蔵。ある秘孔をついて「顕現」させる技をもっている。秀吉の命でその技を使い次々と顕現者を増やしていた。黒鎧と行動を共にしていることが多い。
現在は「天下布武」実現のため、兄の半蔵と共に家康に使えている。家康が実現を目指す「天下布武」に疑問を持ち始め、幸村に「あの人を止めて」と懇願する。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊賀出身で代々半蔵を名乗り、映画や小説では忍者の首領らしく描かれるが、実際は父の代から徳川に仕える武将で服部正成という。徳川十六将の一人に数えられ、槍半蔵こと渡辺半蔵とともに鬼半蔵の異名で呼ばれた。家康嫡男の信康が切腹に追い込まれた際、介錯を命じられた半蔵は涙で目が開けられず、手にした刀を振り下ろすことができなかったという。本能寺の変が起こった当時、堺に滞在中の家康一行は伊賀越えで三河に戻った。そのときに功績のあった地侍二百人が召し抱えられて半蔵の配下に加えられた。江戸初期に隠密も務めた伊賀同心である。服部家は8千石の旗本だったが、三代目半蔵の正就が伊賀同心の管理に失敗して改易になった。