人物相関図

畠山の右腕。畠山からの信頼も厚く連絡係もこなす。
体は小さいが運動神経が良く、その身のこなしを生かして喧嘩の腕にも定評がある。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

畠山義継の家臣。姻戚関係の大内定綱に与して一旦は伊達に弓を引いた義継だったが、政宗の情け容赦ない攻めに驚き、先代当主で旧知の輝宗を通して降伏を申し入れた。最初は頑なに拒んだ政宗も父の輝宗に説得されて和睦を承知。事件はその御礼言上の場で起こった。高橋内膳や大槻中務など数人の家臣を連れて宮森城を訪れた義継は、歓談後の見送りに出た輝宗に刃を突きつけると拉致したのである。義継主従は本拠の二本松に向かう途中で射殺されるが、同行の家臣が少なすぎるうえ、味方の伏せ勢もないことから計画的犯行でなかったのは明らか。前日に義継と政宗が会談した事実もあり、穏健派の輝宗が邪魔になった政宗の謀略という説は根強い。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得