人物相関図

常陸太田(ひたちおおた)高校3年。積極的で果敢な性格で喧嘩も強い。五家同盟のリーダーで子分として蘆名を可愛がっている。その名前を出しただけで相馬・大内・畠山が緊張してしまうほど恐れられている。政宗にやられて顕現を失った相馬・大内・畠山に謎の忍の能力による再顕現を勧める。景勝から「顕現狩り」の犯人と政宗を潰さないと五家同盟への投資を打ち切ると言われ追い詰められていたが、後に秀吉の実験に利用されていたと知る。SLPM社の集めた小田原学園潰しの一員として小田原攻めに参加。顕現学生の高校生代表として、家康の開いた顕現学生の集会に参加。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

佐竹の18代当主で正室は政宗の叔母。上洛前の織田信長に誼を通じ、関東諸将でもっとも早く鉄砲隊を整備した。 鬼義重の異名で呼ばれる反面、敵将の蘆名盛隆に戦場で一目惚れし、その想いを恋文にしたなどの巷説も多い。北条の侵攻に対抗して上杉謙信の力を借りたり、奥州諸家に養子を入れて懐柔したり、戦場往来の剛将にしては策略に長けている。秀吉の小田原討伐を前に隠居した義重は、後の関ヶ原の戦いで嗣子の義宣が西軍に与せんとしたため、独断で家康側近に東軍参陣の書状を出して理解を求めた。俗説では態度曖昧を理由に佐竹の秋田転封が決まったとき、義重を慕う領内の女衆が同行したことが秋田美人のルーツになったという。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得