人物相関図

飯野平(いいのだいら)高校3年。五家同盟のメンバー。
アクロバティックな動きを特意とする。
顕現した小十郎に敗れる。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

岩城は鎌倉以前に勢力を張った板東平氏を祖とする。常隆の父は伊達15代当主晴宗の長男で、母は佐竹義重の妹。つまり政宗は従兄弟にあたり義重は伯父になる。12歳の常隆は父が病に倒れたため、母の実家である佐竹の後見で家督を継いだ。以後、義重の要請を受けて反伊達連合の一翼を担うが、摺上原の戦いで蘆名が敗れると佐竹一派を離脱。叔父の石川昭光とともに父の出自である伊達旗下の武将に復帰した。岩城は小田原攻めに参陣して所領を安堵されるが、直後に常隆は24歳の若さで病没。豊臣政権は常隆の嫡男政隆ではなく、佐竹義重の三男貞隆に岩城の家督を継がせる。岩城を追われた政隆は姓を伊達に戻し、一門扱いで政宗の重臣になった。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得