人物相関図

朱色の学ランを着た九度山高校の一年生。本心がはかりしれない人物。
幼い頃から生きるために頼ってきた2人、秀吉と景勝を失ってしまう。仲間だから助けて欲しいという政宗に協力し、伊達一派に加わる。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

徳川の大軍を二度退けた真田昌幸の次男で正しくは信繁という。江戸時代の読み物に幸村として登場したのは、神君家康の首を狙った賊将の名を出すことに憚りがあったから。親豊臣の真田親子は関ヶ原の前哨戦で、後の二代将軍秀忠率いる東軍の別働隊を信州上田に足止めするが、戦後はその罪により紀州九度山に配流となる。14年の蟄居生活で父を亡くした信繁は、大坂冬の陣を前に豊臣方の客将身分で大坂城に入り、自ら出城の真田丸を築いて徳川方の猛攻を防いだ。40代の華々しい単独武将デビューで、信繁の勇名は天下に鳴り響いたが、半年後の夏の陣では味方の内紛から負け戦を覚悟。巷説では一隊を率いて家康本陣に奇襲を掛けたといわれる。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得