人物相関図

 信長の掲げる「天下布武」に陶酔し、混沌とした世界の情勢に絶望し信長と共に天下布武によって世界を変えようと野心を燃やし、世界に通じるほどの大企業SLPM社を立ち上げる。
日本をより豊かで明るい国にするために顕現者を増やしていたが、癌が悪化し死亡。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

通称の太閤は関白引退後の敬称。父は尾張中村の百姓で、織田に属する足軽でもあった。各地を放浪の末、信長に仕えた秀吉は持ち前の智略を武器に墨俣一夜城や金ヶ崎の殿など数々の伝説とともに出世街道をひた走り、40歳で織田の中国方面軍を預かる最高幹部の一人に上りつめる。信長が本能寺に倒れると中国大返しで明智光秀を討ち果たし、その勢いのままライバルの柴田勝家を賤ケ岳で撃破。旧主の野望を引き継いだ秀吉は、関白の権威を利用して大坂に豊臣政権を立ち上げ、小田原征伐に続く奥州仕置を最後に天下統一の戦いに終止符を打つ。晩年は甥の関白秀次を切腹に追い込み、二度にわたる朝鮮出兵を引き起こすなど不可解な行動が多くなった。