人物相関図

SLPM社の社員で秀吉の献身的な部下であり、その死後もSLPM社のために動いていたが、三成の逆鱗に触れついにクビに。最後は島左近に倒されてしまう。

五奉行筆頭。尾張の地侍安井氏の出身で、信長に仕える弓衆浅野長勝の娘婿になって養子に入る。妻の姉が秀吉正室のねねだったため、早くから義兄の旗下に属し、他の親族とともに一門衆を構成する。軍事面の功績は少ないが、京の治安維持や行政面で手腕を振るった。能吏を鼻に掛ける五奉行の中で、誠実な人柄の長政は甲斐を本拠に東国諸将の取次役を務めた。秀吉の死後は石田三成など近江派の専横に憤り、北政所(ねね)の大坂城退去を契機に秀頼周辺とも距離をおく。関ヶ原の戦いでは徳川秀忠率いる東軍の別働隊に加わった。嫡男の幸長は大坂城下で三成を襲撃した武断派七将の一人で、戦後の論功行賞で紀州和歌山37万石の太守に封じられた。