人物相関図

SLPM社の社員で秀吉の右腕的な存在であったが、秀吉の死後、秀頼を海外に留学と称して日本から排除し、SLPM社社長代行に就任するが、家康の仕掛けたネット上に広がるスキャンダルと監視の目に苛まれ追い詰められていき、社長の座も奪われる。国家権力を一時は見方につけ、SLPM社の奪還を試みるが、最後は政宗の一撃で敗れる。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

豊臣五奉行の一人。近江の旧浅井領出身で、兄の正澄とともに長浜城主時代の秀吉に仕官する。文治派と呼ばれる能吏の反面、忍城の水攻めに失敗するなど軍才はない。秀吉側近として多くの大名を讒言で罪に陥れたため、加藤清正をはじめとする武断派七将から襲撃を受けた。結果的に秀吉縁故の武将や尾張以来の旧臣は離反し、三成は逆転を狙って関ヶ原で挙兵するが、味方の小早川秀秋に裏切られて惨敗した。朝鮮出兵で抜群の軍功を挙げながら、三成の謀略で領地半減の転封に追い込まれた秀秋の報復という。盟友の大谷吉継が関ヶ原の陣中で腹を切り、父や兄も本拠の佐和山城で自決する中、三成は山中を逃げまわった末に故郷近くの洞窟で捕縛された。