人物相関図

織田家の三女で太原の妻。病を患っており、常に床に伏している。
第六天魔の血を引く、信長の妹である。アジトに助けに来た黒鎧である信長(兄)に子供たちの命を託して力尽きてしまう。

織田信長の同腹の妹。政略結婚で近江小谷城の浅井長政に輿入れし、三人の娘に恵まれたが、信長の越前朝倉攻めで夫が裏切りを決断したことから運命は変転する。市は金ヶ崎の信長に両端を縛って袋の意味する小豆を届けたという。浅井滅亡後は信長の庇護を受けたが、長政の髑髏が正月祝いの席で酒の肴にされたことに激怒。後の清洲会議で甥の織田信孝に勧められ、正室のいない宿老の柴田勝家に再嫁する。その勝家は賤ケ岳の戦いで羽柴秀吉に敗北を喫し、妻の市一人を道連れに本拠の越前北ノ庄城で自害した。残された三人の娘のうち、長女の茶々は関白位を継いだ秀吉の側室となり、三女の江は三度目の婚姻で徳川幕府の2代将軍秀忠に嫁いだ。