人物相関図

氏親や太原の研究を邪魔する黒鎧を着ているとされる人物。
仮性顕現を作り続ける太原を“天下布武”の妨げとなる為、苦渋の選択の末、斬り捨てイマガワ製薬の建物もろ共、破壊し、アジトへ向かう。アジトに駆けつけ、爆発から甥・姪(半蔵兄・妹)を自らの命を投げ出して救う。

既成の権威や過去の常識に囚われることなく、自らの信じる天下布武に邁進した戦国の革命児。本来、信長の家は尾張半分を領する清洲織田氏の一奉行だったが、父の信秀が持ち前の権謀術策で主家に取って代わった。信秀の急逝で家督を継いだ信長は、うつけと呼ばれた仮面を脱ぎ捨て、徹底した実力主義と積極的に鉄砲を用いる先進性で時代の主役に躍り出る。駿河太守の今川義元を桶狭間で討ち取り、隣国美濃を攻略して斉藤氏を追放し、流浪の将軍だった足利義昭を奉じて上洛を果たした。一方で常に多くの敵を抱える信長は、複数の軍団による多方面作戦を展開。悲願の天下統一が見えてきた矢先に、明智光秀の謀反によって本能寺の炎の中に消えた。