制作一部 門馬 遥香

門馬 遥香制作一部

今の仕事を教えてください

お昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」のディレクターとして、台本制作や番組OA中の調理などを担当しています。具体的にはプレゼント・おやつコーナーの手配、台本制作、番組OA中の料理コーナーのスタンバイ、試食の調理、「かながわMIRAI」などのスタジオコーナー演出、台本制作、インフォコーナーなどを担当しています。
また、視聴者から送っていただいたメッセージを確認し、OA中に読むものを印刷・入れ込み、プレゼント当選者の抽選・発送なども行っています。
最近は「かながわMIRAI」プロジェクトメンバーの一員となり、パパママと赤ちゃん向けのイベントを企画・制作したり、公式インスタグラムの番組コーナー記事をアップしています。

自分が輝いていた時のエピソード(仕事で印象に残っていること)

過去に放送していた情報番組「ありがとッ!」で韓国観光公社から依頼を受け、韓国でロケを行った時のこと。
ソウルや釜山でのロケは朝から晩まで取材が行われ、カメラや三脚を担いで歩き回るのはなかなかハードでしたが、それ以上に取材が楽しく、疲れを感じませんでした。
カメラを通して韓国の伝統文化を知り、韓国料理の美味しさを堪能し、人々の情の熱さを感じた、内容の濃い数日間は忘れられません。
最終日に現地のコーディネーターの方、運転手さん、レポーターと別れるときには、充実感と心地よい疲労感、感動で胸いっぱいでした。数日間で取材した映像の量は膨大で、その後の編集は大変でした。ただ、現地の映像を通してリアルな生活の様子や文化、韓国の興味深いところを番組で伝えることができ、とてもやりがいを感じました。
また視聴者の方からは多くの反響がありました。当時取材に携われたこと、番組で伝えられたことは、素晴らしい思い出です。

こんな人大歓迎!

どんな仕事でも情熱をもって取り組んでくださる方 ユーモアのある方 大歓迎です

就活での思い出(tvk志望動機など)

湘南で育ってきたので、神奈川県の素敵なところを沢山知っているぞ!という自負がありました。tvkに対する想いは強かった気がします。初めての面接の際、1階のスタジオ(当初)横を通った時に自分がそこに立って働いている姿をイメージしたことをよく覚えています。また面接では、面接官の皆さんから温かさを感じ、ここで働きたい!という想いが強くなりました。