編成部 杉内 裕介

杉内 裕介編成部

今の仕事を教えてください

放送に直結するデータや資料の作成が私の主な業務です。
どの番組をどの時間帯で放送するか検討したり、CMを番組内のどのタイミングでどれくらい流すか調整したり、生放送番組をどのような運用で進めるかを取り決める実施要領を作成したりしています。小さなミスが放送事故に繋がるため、細かな気配りが必要になります!
また、番組や映像素材の送受信について全国のテレビ局とやりとりを行ったり、番組プロデューサーとしての業務も担当したりしています。

自分が輝いていた時のエピソード(仕事で印象に残っていること)

番組やイベントの制作にプロデューサーとして初めて携わることができた時です。
テレビ局への就職を考える皆さんは「番組を作りたい」という動機を持っていることが多いのではないでしょうか。私もその一人でした。
キャスティングや社内外の演出陣・制作スタッフとの打ち合わせ、広報関連の各種スケジュール調整等々、やるべきことが沢山あって正直大変です。しかし放送後に視聴者の反響を感じた時の喜びは何にも代えられないくらい最高です!!
熱量さえあれば、誰でも年次や部署に関係なく番組制作に携わることができる点がtvkの面白いところだと思います!今後も楽しい企画ができるように頑張ります!

こんな人大歓迎!

「(自称)日本一○○な人」。これが私の考える一緒に頑張りたい人です!
tvkでは趣味を仕事にできるチャンスがたくさんあります。人一倍あることに詳しかったり、人一倍好きなものがあったりすれば、「じゃあ、この案件はあいつに聞いてみよう!」という話が社内外から巡って来ます。
そんな私自身もお笑い芸人の方が担当するラジオ番組が大好きで、週30時間以上聴いています。深夜ラジオ知識なら誰にも負けません(笑)
というわけで、ご自身の中で「これだけは誰にも負けない」というものを是非見つけてみてください!きっと楽しく仕事ができるはず!

就活での思い出(tvk志望動機など)

私の就活の軸は「親孝行」でした。 就活始めたての頃、私はとあるテレビ局から不採用通知を受けました。テレビ業界への就職を志望していた私は、自分が否定されたようで先が全く見えなくなりました。
そんなただただ月日が流れていく中、テレビから「知覧」という言葉が聞こえてきました。この響きに興味を持った私はその週末、弾丸で単身鹿児島の知覧特攻平和記念館に行くことに。
自分と同世代で亡くなっていった特攻隊について調べ、特攻隊の関係者の方の話を聞いていくなかで、何もせず、流されるままに生きている自分が恥ずかしくなりました。
「自分の夢を諦めない」「今まで育ててくれた両親に感謝の気持ちを示したい」。そんな気持ちが溢れ、両親が大ファンの「横浜DeNAベイスターズ」の試合中継や取材を精力的に行っていたtvkにエントリーしました。
「初任給で横浜DeNAベイスターズのチケットをプレゼントする」という夢は、コロナ禍入社で叶いませんでしたが、いつか自分が取材した映像や作った番組を県外の両親に届けたいと思っています。
当時を考えていたら、とても長い長い、文章になってしまいました。「自分が10年後、両親や恩師に何を報告したいのか」。そんな視点で就活に挑むのも一つのモチベーションだと思います。