制作一部 竹野 洋介

竹野 洋介制作一部

今の仕事を教えてください

番組制作を担当する部署に所属しています。夕方の報道情報番組「NEWSハーバー」と、イラストレーターのキンシオタニさんが旅をする「キンシオ」という番組を担当しています。
番組の企画や予算管理、他部署との調整、そして実際にロケに出向いてデジカメでの撮影や編集、生放送のスタジオでのディレクションなどを行っています。

自分が輝いていた時のエピソード(仕事で印象に残っていること)

神奈川は地元で、学生時代は野球に打ち込み、自分が出場した小学生のころの少年野球大会の特番や、高校野球の中継、高校野球ニュースなど、tvkで放送していたスポーツ番組に映してもらえたことが大きな財産となりました。
そんな番組を多く見て育ちましたし、いざその番組を「作る側」になった時、本当に感慨深いものがありました。この番組(映像)が選手たちの一生の宝物になるんだ・・と気を引き締めて制作を行っていたことを今でも覚えています。

こんな人大歓迎!

とにかく人が少ない会社なので、そのため業務内容は様々なものを行わなければなりません。
何歳になっても分からないことが多く、社内社外問わずに様々な調整が必要となるので、向上心のある方、そしてなによりコミュニケーションをうまくとれる方が入社してくれると嬉しいです。
あと個人的にはコアでマニアな野球トークで盛り上がれる方、大歓迎です!

就活での思い出(tvk志望動機など)

tvk=スポーツ番組・・というイメージがあったので、スポーツの放送に関係する仕事がしたいと思い、中途採用の試験を受けました。ただ「自分みたいな勉強のできない人の採用はないだろう・・」と勝手に思い込んでいたので、逆に面接でも全く緊張せず、自然体で取り繕うことなく話をできたことが良かったのかなと思っています。 新卒採用試験では何度か面接官としてお話をさせて頂く機会がありましたが、面接する側は「この学生がどんな考えを持っているか」も重要ですが、「この学生と一緒に仕事がしたいか」を重視していました。