あっぱれ!KANAGAWA大行進

この番組は神奈川県33市町村を巡り、そこに住まう人々の暮らしや文化、名所を紹介するものです。

3月7日:川崎市

1年間かけて神奈川県内全市町村をくまなく巡る
超・地元密着番組『あっぱれ!KANAGAWA大行進』。

当日撮影した内容をその日に放送する、
     鮮度抜群の「撮って出し」でお送りします。

%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%B8%82%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%8C%BA02-0307-0000.jpg 今週は『川崎市』から撮って出し。
7区ある川崎市の中から今回は「川崎区」を散策しました。

02-0307-01.JPG 「あっぱれの時間です!」桜本地区の商店街付近でオープ
ニング。朝イチメールでは、先週、久し振りの番組出演を
果たしたスベリーマーキュリーさんの話題に。「デビさん
に似てるというか、雰囲気は赤間アナの方が近い」という
デビさんの意見に対し、何故か納得の赤間アナ(笑)。

02-0307-02.JPG 地図フリップで川崎区周辺をめぐるお知らせをしたあと・・・

02-0307-03.JPG ・・・今回のランチの場所もご紹介。久し振りの沖縄料理です。

02-0307-04.JPG タイトルコールのあと・・・

02-0307-05.JPG そのまま歩きだして数分後、小さなお店を発見しました。

02-0307-06.JPG 伺ったのは「ジュエリークボタ」さん。金・銀・プラチナの
加工・修理、温かみのある手作りジュエリー・装飾品を製作
するお店です。

02-0307-07.JPG 代表の久保田 宗孝さんに迎えていただきました。

02-0307-08.JPG デビさんの目線の先には・・・

02-0307-09.JPG この飾り物、実は純銀製。頭の竜の部分は純金。竜が手にして
いる石はダイヤモンドだそうです!久保田さんがデザイン・
製作したそうです。

02-0307-11.JPG 指輪や腕時計修理も手掛けているんですね。

02-0307-10.JPG 久保田さんは、デザイン彫金士として、平成21年度かわさき
マイスターに認定されています!

02-0307-12.JPG 作業の様子を見せていただけるということで・・・

02-0307-13.JPG バーナーで金属を溶かし、トンカチで形成する過程なども
みせていただきました。

02-0307-14.JPG これはかなりの技術が必要でしょうね。。。

02-0307-15.JPG 興味津々で久保田さんの話に聞き入るふたりでした。

02-0307-16.JPG 続いて、藤崎地区の街道沿いにある昔懐かしい駄菓子屋さん
「駄菓子屋くまがい」を訪問。

02-0307-17.JPG まずは入口前のスペースをお借りして、おたよりコーナー。
赤間アナの「戦隊モード」に対する反響の大きさについて
触れました。今後の展開が楽しみです(笑)。

02-0307-18.JPG 店内におじゃますると・・・

02-0307-19.JPG 熊谷晴雄さん・千鶴子さんご夫妻と、かわいい子どもたちが
迎えてくれました。

02-0307-20.JPG 昔懐かしの駄菓子やおもちゃなどがたくさんありましたよ。

02-0307-21.JPG 2代目の晴雄さんに伺いました。元々は、1951年創業のお菓子屋
さんで、おせんべいなどの量り売りのお店だったそうです。
以前から駄菓子の卸業もされていたことから、コンビニとの差別
化も意識して現在の駄菓子専門店にリニューアルしたそうです。

02-0307-22.JPG 開業当初の写真がありました!正面に写る一番小さなお子さん
が晴雄さん。昔は周辺にお店が2軒しかなかったそうです。

02-0307-23.JPG 早速、駄菓子を購入したいところですが、デビさんが財布を
持っていません。どうしよう・・・と、そこへ現れたのが、
あっぱれ戦隊ラブリーピンク!(笑)。

02-0307-24.JPG この突然の小芝居に対して、笑顔と拍手で応える子どもたち。
かわいいですね~。

02-0307-25.JPG 「好きなだけ買っていいよ~」と声を掛けたデビさんの
表情は、子どもたちのかわいらしさにメロメロになって
いる親戚のおじちゃんの様でした(笑)。

02-0307-26.JPG 大人たちの癒しの空間がカフェなら、ここは子どもたちの
癒しの空間・・・体を動かす公園と同じくらい、子どもたち
にとって大切な場所をこれからも守り続けてくださいね。
☆駄菓子屋くまがい
 住所:川崎市川崎区藤崎1−23−14
 TEL:044−233−3206

02-0307-27.JPG ランチは、川崎駅近くの新川通地区にある沖縄料理のお店
「沖縄そば ゆんたく」を予約。

02-0307-28.JPG 店主の仲宗根さんに迎えていただきました。仲宗根さんは、
沖縄県出身。川崎から沖縄の魅力を発信したいとオリジナル
の創作料理を提供するのはもちろん、店内で沖縄のミュージ
シャンのライブ「ゆんたくライブ」などを開催しているそう
です。

02-0307-29.JPG 今回のメニューは・・・デビさんには「昆布そば」ランチ。
刻み昆布や豚、鶏、生姜、長ネギ・・・ご主人なりの黄金比で
生み出したスープは、何度も後を引くおいしさです。

02-0307-30.JPG そして、赤間アナには「南風原(はえばる)そば」ランチ。

02-0307-31.JPG 仲宗根さんの故郷・南風原(はえばる)の地名をつけた
オリジナル・メニューは、スープのベースが「昆布そば」
と同じでも、ごま油とニンニクで炒めたひき肉と溶き卵で
見事に味変!

02-0307-32.JPG お互いのスープを飲み比べながら、その味変に感動するふたり。

02-0307-33.JPG さらに店主から「コーレーグス(島とうがらし)」による
味変をオススメされて、赤間アナのスープにデビさんが
まさかの大量投入(!)意外に注ぎ口が広くて、本気で
焦っていたデビさんと怪訝な顔の赤間アナの表情がその
まま放送されてしまいました~。「撮って出し」って、
ホント怖いですね(笑)。

02-0307-34.JPG ライブを楽しみながら美味しい沖縄料理や沖縄そばをいただけ
ますよ~。沖縄が大好きな人は、きっと笑顔になれるはず!
☆沖縄そば ゆんたく
 住所:川崎市川崎区新川通10−3
 TEL:044−200−8658

02-0307-35.JPG 続いて、追分町の道路沿いにある「時計屋さんのお米ハウス」へ。
それにしても、かなりインパクトのある店名ですね(笑)。

02-0307-36.JPG お店の前には腕時計がディスプレイ。でも、デビさんの背後に
書かれた文字は「おにぎり」(笑)。こちらは、お米と手作り
おにぎりが買えて、時計が買えて、修理も出来るユニークな
お店でした。

02-0307-37.JPG 代表の毛内(もない)さんに迎えていただきました。本職は、
時計屋さんですが、時計だけでなく、別の商売も始めようと、
手作りおにぎりの販売とお米の販売を始めたそうです。

02-0307-38.JPG 毛内さんのおにぎりは美味しいと評判!通常のおにぎりの他に・・・

02-0307-39.JPG 「東海道川崎宿三角おむすびコンテスト」の優勝作品のおにぎり
も販売!今年の優勝作品は「かりかり梅のバター醤油おむすび」
だそうです。

02-0307-40.JPG で、ふたりとも優勝作品を注文すると思いきや、赤間アナが
「たらこ」で、デビさんが「シャケ」(笑)。

02-0307-41.JPG 空気を読まないふたりに対し、笑顔で優勝作品を差し出す
ご主人。さすが、一枚上手です(笑)。食べたら食べたで
「うわっ。梅とバター、合うんだ!」と驚くふたり。

02-0307-42.JPG 毛内さんのこだわりが、食べればちゃんと伝わるおにぎり
が好評です。ごちそうさまでした!
☆時計屋さんのお米ハウス
 住所:川崎市川崎区追分町5−1
 TEL:044−344−5677

02-0307-43.JPG 最後は、大島地区の和菓子屋さんへ・・・

02-0307-44.JPG 「ごめんくださーい。」実は、次から次へとお客さんがやって
来て、おじゃまするタイミングを何度も逸していたふたり。
もう、これだけで人気店と判明しちゃいました。

02-0307-45.JPG まずは、社長(2代目)の木村 茂さんにごあいさつ。
「多摩川菓子店」さんは、創業60年以上の老舗和菓子店です。
地域の皆さんに愛されている様子を目の当たりにしました。

02-0307-46.JPG 続いて、3代目の孝之さん(兄)と信介さん(弟)にも
ごあいさつ。そして、さらに・・・

02-0307-47.JPG ・・・えっ、4代目!兄・孝之さんの息子さんが、もうすでに
お店を継ぐ意思を示してくれました。その言葉にほっこりした
気持ちになったデビさん&赤間アナ。

02-0307-60.JPG 4代目のおすすめは「草もち」。ということは、お子さん全般に
気に入ってもらえそうな味なんですね。そして、もうひとつの
おすすめは・・・

02-0307-48.JPG ・・・お店の人気No.1商品「追分まんじゅう」です!

02-0307-49.JPG ひと口食べて、デビさんが驚き!「激しくうまい!!」
国産の小麦粉を使ってやわらかく練った生地で、十勝産の
小豆で練ったあんこを包み、きな粉をまぶした一番人気の
まんじゅうは・・・

02-0307-50.JPG ・・・「かわさき名産品」に認定されて、長きに渡り、
地元の皆さんに愛されてきました。そんなスーパーな
おまんじゅうに『あっぱれ!』は何故、今まで出会う
機会がなかったのか、魔訶不思議です。視聴者の皆さん、
「地元では当たり前」と思わず、情報を下さい(笑)。

02-0307-51.JPG 社長にお話しを伺いました。「追分まんじゅう」は販売当初、
名前がなく(!)後に、地元のお客さんが命名されたそうです。
当時の価格が100円・・・そして今、130円。な、なんと
30円しか値上げされていないそうで「すぐに手が届く商品
であってほしい」という、お店の皆さんの“心意気”が入った
商品と聞いて、感動してしまいました!

02-0307-52.JPG ちなみに「追分まんじゅう」を蒸しあげる時、お店の前に
物凄くいい匂いの蒸気が通行人の足を止めるとか止めない
とか・・・赤間アナのこの表情(笑)。

02-0307-53.JPG 4代目とエンディングの際・・・

02-0307-54.JPG 今回のプレゼント商品「一口まんじゅう」についてたずねると・・・

02-0307-55.JPG 中の餡は「追分まんじゅう」のつぶあんと違い、こしあんである
ことをちゃ~んと把握していました。えらい!

02-0307-56.JPG 気が付けば、ふたりはこの老舗の虜になっていました(笑)。
☆多摩川菓子店
 住所:川崎市川崎区大島2−1−2
 TEL:044−244−3484

02-0307-57.JPG 地元の皆さんに愛され続けている「多摩川菓子店」の皆さん
に、家族の絆の強さを感じました。先代から大切にし続けて
いるものを次の世代がしっかり受け継がれていく事がすでに
約束されている「多摩川菓子店」にあっぱれ!です!!

~というわけで、今回の『あっぱれ!』いかがでしたか。
デビさん&赤間アナへのメッセージ、番組へのご意見・ご感想、
アナタの街のレア情報etc.おたよりをお待ちしています!

◆次回3月14日(土)放送は「山北町」からお送りします!

<本日のロケ弁当>
02-0307-59.JPG 川崎区大島「まみーでりか」さんのお弁当。
カレーも入っていて、かなりパンチがありました!

プレゼント申し込みは「今回のプレゼント」コーナーを御覧ください。