デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2020年6月6日(土)]

新型コロナ 県内 川崎市で5人感染確認

20/6/6(土)17:10

新型コロナウイルスについて、6日、県内では川崎市で新たに5人の感染が確認されました。

5人のうちの1人は、30代の男性の会社員で、陽性患者と接触していて、軽症です。 また4人は、20代から40代の男女の医療従事者で、陽性患者が入院している病院に勤務していて、いずれも無症状です。

県内観光地 にぎわい戻りはじめる

20/6/6(土)14:36

緊急事態宣言が解除され、施設や店が再開しはじめた県内の観光地では、週末を迎えて、にぎわいを取り戻しはじめています。

横浜みなとみらい地区の観光名所、横浜赤レンガ倉庫では6月1日から営業を再開し、土産物の店や飲食店は感染防止策を講じながら客を迎えていました。 人気のレストランでは順番待ちの行列もできていて周辺の大型ショッピングセンターも先週から営業を再開し、人出が戻りはじめています。 八幡宮の参道に当たるJR鎌倉駅前の小町通りでは、マスク姿の観光客が街歩きする姿が戻っています。 小町商店会に加盟するおよそ220店のうち営業を再開したのはまだ7から8割程度ということですがどの店も落ち込んだ売上を挽回するのに懸命でした。

県と市町村 城山ダム緊急放流に関する新たな情報共有システム

20/6/6(土)12:12

本格的な大雨シーズンを前に県は、城山ダムの緊急放流に関する新たな情報共有の仕組みを導入しました。

相模原市緑区の城山ダムを巡っては去年10月の台風19号の豪雨で運用開始以来、初めて緊急放流が行われました。 放流にあたり県と周辺自治体は、電話で情報共有を行いましたが、自治体の中には放流が始まってから県から連絡があったところもあり現場では混乱が生じたということです。 県が新たに導入した仕組みでは、周辺自治体の担当者らとのやりとりに企業向けのチャットを活用します。 緊急放流の実施の可能性が高まった際には「事前情報」を出したり、放流の見込みが明らかになった場合は「見込み情報」を出したりと、伝達する項目が細かく設定されています。 県は新たな情報共有の仕組みを6月1日から運用を始めています。