デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
15:00
鬼平犯科帳 #7「同門対決」
ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2016年8月26日(金)]

危険ドラッグ密輸で起訴の横浜市職員が免職処分

16/8/26(金)12:19

横浜市は、危険ドラッグを密輸入しようとして警視庁に逮捕された市の担当課長を懲戒免職の処分にしたと発表しました。

懲戒免職となったのは、市の政策局から横浜市立大学に派遣されていた担当課長の山口健太郎被告です。 横浜市によりますと、山口被告は、中国から指定薬物の「亜硝酸イソブチル」を輸入しようとしたとして、ことし6月に警視庁に逮捕され、先月起訴されました。 山口被告は市の聞き取りに対し「10年くらい前から使っていた。 ストレス解消のために興味本位で使ってしまった」と話しているということです。 今回の処分について、横浜市の人事の担当者は「管理職が起こした事件で、ことの重大性を受け止めている。 再発防止を徹底したい」としています。