デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2017年5月18日(木)]

山下公園でベルギービールウィークエンド 今月21日まで

17/5/18(木)20:05

去年、ユネスコ無形文化遺産に登録されたベルギーのビール文化。その魅力を味わえるイベントが、横浜市中区で開かれています。

横浜では5回目の開催となるビールの祭典、ベルギービールウィークエンド。 初日の18日、会場は、大勢の人で賑わいました。 このイベントに初登場の30種類を含む108種類のビールを楽しむことができ、飲みやすいフルーツビールからアルコール度数の高い修道院ビールまで、味わいはさまざまです。 会場では、フライドポテトやミートボールといった伝統料理も楽しめるほか、20日と21日には、ベルギーのトップアーティストによるライブも行われ、一層雰囲気を増します。 ベルギービールウィークエンドは、今月21日まで横浜市中区の山下公園で開かれます。

息子かたり「浄水器販売に失敗」 同様のオレオレ詐欺が多発

17/5/18(木)20:04

息子を装った男から、「浄水器の販売に失敗して、金が必要だ」という内容のうその電話があり、現金をだまし取られるオレオレ詐欺事件が県内で多発しています。

県警によりますと17日午前、横浜市泉区に住む60代の女性の自宅に、長男を装った男から「会社の仕事とは別に浄水器の販売をしていたが、会社のお金を使ってしまい穴埋めをしなければいけない」「600万円が必要だ」とウソの電話がありました。 女性はその後、自宅に現れた男に現金600万円を手渡しましたが、不審に思い長男に直接確認したところ被害が発覚したということです。 県内ではこれと同じ手口で、今月10日には秦野市の80代の女性が現金およそ480万円を、16日には横須賀市の60代の女性が現金250万円をだまし取られています。 一連の事件で現金を受け取りにきた男は、いずれも郵便局の下請け業者として「ユウセイビン」の職員を名乗っていますが、そのような業者は存在しないということで、県警が注意を呼びかけています。

知人少年をトランク監禁か 逮捕少年「仕事をさぼったのでヤキを」

17/5/18(木)20:02

今月15日、秦野市内で18歳の少年が車のトランクに監禁され連れ去られた事件で、逮捕された知人の少年が、「仕事をさぼったりしたのでヤキを入れようと思った」などと供述していることが分かりました。

この事件は今月15日、秦野市平沢にあるスーパーの駐車場で、知り合いの少年を乗用車のトランクに監禁し連れ去ったとして、秦野市に住む18歳の少年と15歳の女子高校生の2人が、逮捕監禁の疑いで逮捕されたものです。 事件は「若い男性3人が喧嘩をしていて、1人が車のトランクに乗せられた」などと目撃者から通報があったことで発覚し、県警が別の少年1人についても行方を追っています。 県警のその後の調べで、逮捕された18歳の塗装工の少年が、「被害者の少年がうそをついたり仕事をさぼったりしたので、ヤキを入れようと思った」と話していることが新たに分かりました。 また連れ去られた少年は救出された際、顔などに殴られたようなケガをしていたことから、県警では傷害容疑でも調べを進めています。

川崎の看護短期大学で選挙出前講座

17/5/18(木)19:54

ことし10月に予定されている川崎市長選挙を前に、市内の学生が選挙の仕組みや心構えなどを学ぶ出前講座が開かれました。

この講座は、川崎市選挙管理委員会が市内の看護短期大学から依頼を受けて開いたもので、新入生およそ80人が出席しました。 講座では選挙へ参加する意義について説明があったほか、模擬投票も行われるなど実践的に進められました。 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての国政選挙となった去年の参議院選挙では、川崎市内の10代の投票率は56.46パーセントと県内平均を上回っていますが、市内の60代と比べると10ポイント以上低くなっています。 川崎市ではことし10月に市長選挙が控えていて、若い世代の力で投票率を上げたいとしています。

新災害対応ロボットの公開訓練 藤沢市

17/5/18(木)13:03

藤沢市消防局は18日、納品されたばかりの災害対応ロボット「アルバトロス」の公開訓練を行いました。

災害現場での情報収集のための災害対応ロボット「アルバトロス」はロボット開発を奨励するさがみロボット産業特区を活用し藤沢市消防局が民間企業と連携して共同開発したものです。 2014年に配備されたロボットを進化させたもので小型化され、爆発などを防ぐ構造になっています。 今回の訓練では地震で建物が倒壊した場所と土砂で埋没した住宅に消防隊員が入る前の探索を行いました。 消防隊員らはアルバトロスが搭載しているカメラの映像を見ながら遠隔操作をして人が素早く入れない場所に入っていち早く内部の様子を探っていました。 藤沢市消防局によりますとオリンピックなどでのテロ対策に向けても有効性を検証していきたいと話しています。