デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年10月10日(木)]

ラグビーW杯効果 「大きな利点あった」小田原市長

19/10/10(木)18:42

小田原市の加藤憲一市長は、ラグビーワールドカップの効果として、「横浜から近く大きな利点があった」と評価しました。

小田原市は、オーストラリア代表チーム、「ワラビーズ」の事前キャンプ地として、チームを迎え入れるだけでなく、市をあげてチームを応援できるよう、取り組んできました。 10日に開かれた定例記者会見で、大会期間中の効果について問われた加藤市長は、「会場がある横浜から近く、城があることも利点になった」と高く評価しました。 特に、市内のホテルでは、大会前から宿泊の予約が延べ数百泊分のあったほか、市内でも欧米系の観光客を特に多く見かけるなど、効果を感じている、と話しました。 また、ワラビーズのキャンプをきっかけとして、オーストラリアと小田原の小学生同士の交流も行われるなど、文化的な効果も「今後の財産になる」としています。

台風19号接近 神奈川県内で備え

19/10/10(木)18:41

大型で猛烈な台風19号は、12日夕方から翌未明にかけて県内に最も接近する見込みです。県内各地では台風への備えが進んでいます。

9月の台風15号で鎌倉市二階堂では土砂崩れで電柱が倒れるなどして停電が発生したものの道が塞がれ東京電力が復旧作業に入れず自衛隊への災害派遣要請が行われました。 近くの住宅では電線が切れるのを防ぐため、枝のせんてい作業をして台風に備えていました。 台風15号とほぼ同等の勢力といわれる今回の台風19号。 鎌倉市では前回停電の影響で断水も起きていて市内のスーパーではまとめ買いをする人の姿が目立ちました。 停電に備えて、自治体ごとの対策も進められています。 海老名市では、停電したときにも避難所が運営できるよう、コミュニティセンターなど避難所に指定されている施設の非常用発電機の動作確認などを行いました。 海老名市では、早ければ11日にも市内11カ所に避難所を開設する準備を進めているということで、雨や風が強くなる前に避難するように呼びかけています。 また横浜市は、午後3時に災害対策警戒本部を設置しました。 会議では、イベントの中止や土砂災害警戒情報が発表された場合に備えた避難所開設の準備などを検討することが報告されました。 厚木市でも3連休に開催予定の市内のイベントの確認や土のうの準備など、台風19号に備えた事前対策についての会議が行われました。 厚木市では、避難所開設の情報を雨と風のピークを迎える前の11日のうちに、市のホームページに掲載する方針を決めました。 厚木市は、11日災害対策本部を設置し、イベントの中止などを正式に決定するとしています。 この台風の影響で、ラグビーのワールドカップ日本大会1次リーグの12日に横浜で予定されていたイングランド対フランス戦の中止が決まりました。 13日に横浜で予定されている日本対スコットランドについては、実施するかどうかの判断を当日の朝に行うということです。

ノーベル化学賞吉野さん「神奈川はあこがれの場所」

19/10/10(木)14:15

9日夜、ノーベル化学賞の受賞が決まった藤沢市に住む旭化成の名誉フェロー、吉野彰さん。発表から一夜明け、tvkの取材に応じました。

吉野さん「会社に入ってからずっと藤沢市民、神奈川県民です。 なぜ神奈川県かというと関西の人から見るとあこがれの場所。 サザンオールスターズのあのイメージ」スマートフォンや、電気自動車など、現在の生活に欠かせないものとなった「リチウムイオン電池」を開発した吉野さん。 ノーベル化学賞に決まったポイントは。 吉野さん「リチウムイオン電池の発明によって電池が小型軽量化され、現代のモバイル・IT社会を生み出すことに非常に大きな貢献をしたこと。 さらにリチウムイオン電池はこれから電気自動車に使われたり、まさに地球環境問題に対してひとつの答えを出してくれる可能性を秘めている。 環境に対してどんな貢献ができたかが選考基準の大きな要因のひとつだと思う」研究者として持ち続けた信念は?「粘り強く柔軟にという言葉しかない。 苦しい時も何とかなるわと能天気でないと続けていけない。 あとは頑張るときには徹底的に頑張る。 そのふたつが私の人生軸かな」

コスモスが見頃 相模原市緑区

19/10/10(木)13:16

見頃を迎えたコスモスが秋の訪れを知らせています。

相模原市緑区川尻で見頃を迎えているおよそ50万本のコスモス。 6000平方メートルに渡って、かわいらしい彩りで咲いています。 メインで植えられている「センセーション」の中に、少しの量植えられている「ピコティ」という種類。 花びらの淵に色がついているのが特徴で2色のバランスを楽しめます。 台風15号の影響で、一度は倒れてしまったところもあったコスモスですが、自力で起き上がり、咲き誇っています。 あさってから予定されていた小松コスモスまつりは、台風19号の接近で中止になりましたが、摘み取りは今月27日ごろまで楽しめそうだということです。

就寝中の女子高校生に性的暴行か 35歳の男逮捕

19/10/10(木)13:11

自宅で就寝中の女子高校生に性的暴行を加えたとして、横浜市瀬谷区に住む35歳の男が県警に10日に逮捕されました。

準強制性交の疑いで逮捕されたのは、横浜市瀬谷区本郷の型枠解体工、小島貞春容疑者です。 県警によりますと、小島容疑者は、ことし7月の未明に自宅で、泊まりに来ていた高校2年の女子生徒に性的暴行を加えた疑いが持たれています。 事件当時、小島容疑者は、就寝中の女子生徒を言葉で脅迫し、抵抗できない状態にしたということです。 調べに対し、小島容疑者は、「同意があった」などと容疑を否認しているということで、県警が当時の状況を調べています。

劣悪環境でヤギ飼育か 39歳の男を逮捕

19/10/10(木)09:03

三浦市で死んだヤギと一緒にヤギなどを飼育したとして県警は39歳の男を逮捕しました。

動物愛護法違反の疑いで逮捕されたのは横須賀市武に住む自称、土木解体業の角田仁弘容疑者です。 県警によりますと角田容疑者はことし2月から3月にかけて三浦市初声町和田の敷地で死んだヤギと同じ囲いの中でヤギなどを飼育した疑いが持たれています。 保健所が2月と3月の2回、角田容疑者に文書で指導しましたが改善されず、県警に相談していました。 調べに対し角田容疑者は「虐待はしていません」と容疑を否認しているということです。 敷地は角田容疑者の親族が所有していて県警は飼育していた理由などを詳しく調べています。