デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年2月16日(土)]

「雑に扱った」乳児揺さぶり重傷 32歳の男送検

19/2/16(土)18:04

横浜市で、生後3カ月の長男が揺さぶられるなどして大けがをした事件で、逮捕された父親が「雑に扱った」などと供述していることがわかりました。

この事件は、先月から今月13日にかけて、横浜市西区の自宅アパートで生後3カ月の長男の両腕をつかんで上下に揺さぶったり、布団に投げたりして暴行し、急性硬膜下血腫などのけがをさせたとして、父親の服部慎容疑者が傷害の疑いで逮捕されたものです。 服部容疑者は、16日朝に横浜地検に身柄を送られました。 県警によりますと、その後の調べで、服部容疑者は、「2番目の子どもなので雑に扱った」と供述していることが新たにわかりました。 けがをした長男の体には複数のアザなどが確認されていることから、県警は、服部容疑者が長男を日常的に虐待していた可能性があるとして慎重に調べています。

中華街で春節祝う「祝舞遊行」

19/2/16(土)18:03

中国の旧正月「春節」を祝うパレード、「祝舞遊行」が横浜中華街で行われ、大勢の観光客でにぎわいました。

「祝舞遊行」は、今月5日に迎えた中国の旧正月「春節」を祝う一大イベントで、伝統の衣装を身に着けた人たちが横浜中華街を練り歩きます。 パレードではドラや爆竹の派手な音が響き渡る中、獅子舞なども観光客らの目の前で披露され、中華街全体が熱気に包まれていました。 横浜中華街では、今月19日まで春節を祝うイベントが開催されます。

はじめての「のり作り」小学生が体験

19/2/16(土)18:03

機械を使わない、昔ながらの方法です。横浜市で、地元の小学生らがのり作りを体験しました。

この体験学習は、のり作りを通じて自然環境の大切さなどを学んでもらおうと、横浜市のNPO法人が毎年開催しています。 地元の小学生らおよそ100人が参加しました。 子どもが包丁でたたくようにして刻んでいたのは、千葉県で採れた新鮮なのり。 乾燥させたときにのりが縮まないよう、細かく刻むのがコツです。 木の枠を使ってすだれにのりを流しこんでいく「のりすき」の工程では、なかなか思うようにいかず悪戦苦闘しながらも、子どもたちは1枚1枚丁寧に作っていました。 天日干ししたのりは、それぞれ自宅に持ち帰ったということです。