デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2019年6月14日(金)]

逗子海岸花火大会 寄付・協賛金集める

19/6/14(金)19:32

9月に開催することになった逗子海岸花火大会。主催者の市観光協会が寄付や協賛金を集めて大会費用に充てることを発表しました。

逗子海岸花火大会はことし市が1300万円を助成することが決まりましたがそれに加えて1000万円以上の資金を集めることになりました。 資金は個人からの寄付や企業からの協賛金として集める他、砂浜に有料の協賛シートを敷くことも検討されています。 大会の総事業費はおよそ5800万円で、寄付や協賛金は花火を打ち上げる台船の費用などに充てられるということです。 逗子海岸花火大会は去年、市の財政難から補助金が打ち切られ、市民が実行委員会をつくり資金集めをして開催にこぎつけました。 ことしは9月27日に行われます。

工事中のクレーン車倒れ停電 相模原市南区

19/6/14(金)18:48

14日午前、相模原市南区の工事現場で作業中のクレーン車が倒れて電線に引っかかり、一時およそ900世帯が停電しました。

事故があったのは、相模原市南区上鶴間本町の工事現場で、14日午前11時過ぎ、近所に住む女性から「クレーン車が倒れていて、付近の電線に引っかかっている」と通報がありました。 県警によりますと現場では25トンのクレーン車が前のめりに倒れ、市道にある電線に引っかかった状態で止まっていたということです。 この事故によるけが人はいませんでしたが、一時、現場周辺のおよそ900世帯が停電するなどの被害がでました。 当時クレーン車を操作していた41歳の男性は、「重いものを持ち上げたら前に倒れてしまった」などと話しているということです。

下水処理場で!?小学生がアユ放流 横浜

19/6/14(金)18:47

きれいになった水で、気持ちよさそうに泳ぎ回りました。

子どもたちが川に放していたのは、「清流の女王」との呼び名を持つ、アユ。 しかしこの川、実は横浜市中区にある下水処理場で流れているんです。 この取り組みは、下水処理できれいになった水にアユを放すことで、水の環境を守ることの大切さを学んでもらおうというもので、すでに30年近く行われています。 14日は地元の小学生らがおよそ400匹のアユを川に放し、元気に泳ぐ姿を興味深く観察していました。

人気パン店が集結「パンパラダイス」 横浜

19/6/14(金)18:47

県内外の人気のパン店が集結するイベント、「パンパラダイス」が横浜で開かれています。

甘い香りが広がる場内にはおいしそうなパンがずらり。 横浜駅西口のタカシマヤローズホールで14日から始まった、パンパラダイスには県内外からおよそ100店舗が出店しています。 横須賀市のパン店が手がけるなんともダイナミックなカツカレーパン。 ほかにも県内のカレーパンおよそ20種類が並ぶコーナーが設けられているほかいま注目の食パンも数多く登場しています。 今回が初めてとなるこのイベント。 全国各地のご当地パンも楽しめるほか県内からは、有名店だけでなく地域に根差した小さな店が出店しているのも見どころのひとつです。 イベントは16日までで1日限定で出店する店もあるということです。

小学生が麦刈り体験 厚木市

19/6/14(金)18:45

小学生が麦刈りに挑戦、小麦粉にして秋にはうどん作りもするそうです。

麦刈りを行ったのは、厚木市立玉川小学校の1年生と2年生およそ50人。 去年11月に種をまいてから、麦踏みや手入れなども児童らが行ってきました。 この小学校では、16年前から1・2年生が麦を育てていて、鎌を持つのも初めてという1年生は、刈り取る作業に苦戦しているようすでした。 地域の住民らと協力しながら自分の体と同じくらいの麦の束を運び、自然の大切さや地域とのつながりを学んだ児童たち。 刈り取った麦は小麦粉にして秋には手打ちうどんに挑戦するということです。

税務調査と偽り親族の戸籍請求 座間市職員を停職処分

19/6/14(金)14:30

座間市は、税収を担当している60代の男性職員を、税務調査と偽って親族の戸籍を他の自治体に請求したとして停職の懲戒処分にしました。

座間市によりますと、停職3カ月の懲戒処分になった収納課の60代の男性職員は5月、税務調査と偽って親族の戸籍を他の自治体に請求したということです。 請求先の自治体からの問い合わせで発覚し、男性職員は市の聞き取りに対して「居住地の分からない親族の住所を知りたくて興味本位でやった」などと話しているということです。 座間市では、庁内でのチェック体制の強化や上司による管理を徹底したいとしています。

車窓から楽しむ 夜のアジサイ

19/6/14(金)13:04

箱根町では、車窓からライトアップされた夜のアジサイを楽しめる特別電車の運行が15日から始まります。

花に彩られた山道を走る箱根登山鉄道の特別電車、「夜のあじさい号」。 その車窓からは沿線に咲くおよそ1万株のアジサイを楽しむことができます。 あじさい号は、ライトアップされた6カ所のポイントで、車内の照明を落としてゆっくり進んだり止まったりするため、光に彩られた幻想的な風景を存分に楽しむことができます。 担当者によりますとことしの開花は例年並みで、箱根湯本駅近くでは咲き始めとなっています。 このあとは今月下旬にかけて、強羅駅へと見頃が移っていくということです。 箱根登山鉄道の特別電車「夜のあじさい号」は全席予約制で、15日から来月2日まで運行。 また、通常の運行でも楽しめるライトアップは来月8日まで行われるということです。

難病女児に心臓移植を 募金呼びかけ

19/6/14(金)13:03

心臓に難病を抱え海外での心臓移殖を目指す川崎市の生後8カ月の女の子の両親が会見を開き、募金への協力を呼びかけました。

病院のベッドで寝たきりの状態で過ごす野村南美ちゃん。 現在生後8カ月の南美ちゃんは、生まれつき心臓が弱く、去年11月、心臓の筋肉が十分に発達しない難病、心筋緻密化障害と診断されました。 川崎市役所で会見を開いた両親によりますと、いまは補助人工心臓をつけているため抱きしめることもできないといいます。 合併症を引き起こす恐れがあることから、一刻も早くアメリカで、心臓移殖の手術を受けさせたいと、両親らは目標の募金額、2億8000万円に向けて協力を呼びかけました。 会見後、川崎市役所の前で初めての募金活動を行った両親たち。 15日、16日にはJR川崎駅で行うほか、募金は救う会でも受け付けています。