デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
16:00
お買物情報
ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2017年4月21日(金)]

横浜DeNA「ベイメンチ」発表会

17/4/21(金)19:20

横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアムでしか味わえない球団オリジナルフードの販売を始めました。

新しいハマスタ名物その名も「ベイメンチ」昭和21年の創業以来横浜の野毛で親しまれている老舗洋食店「センターグリル」が監修しました。 使われているのは、神奈川のブランド肉「やまゆりポーク」薄めの衣でサクサクに揚げ、目の前でオリジナルソースにくぐらせ提供します。 21日の発表会には石田健大投手と濱口遥大投手が参加し、新たな名物の魅力をピーアールしました。 石田投手「星4つです」濱口投手「ソースもたっぷり入っていて満足してもらえると思うので、僕もピッチングでみなさんに満足してもらえるように頑張る」ベイメンチは、21日から横浜スタジアム内の専用店舗で販売されます。

津久井やまゆり園 引っ越しが完了

17/4/21(金)19:17

入所者19人が殺害された相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」の入所者40人が、21日、横浜市内の施設へ転居し、園の取り壊しに伴う移転が完了しました。

横浜市港南区にある移転先の「津久井やまゆり園芹が谷園舎」には、入所者40人がバス2台に分かれて入りました。 すでに59人が入居していて、事件後別の施設に移っていたおよそ10人とあわせて110人ほどが今後4年間、生活する予定です。 芹が谷園舎は先月閉鎖した県立施設を改修したもので、個室や3人部屋などが配置された6つの居住棟と、入所者が日中過ごす活動棟に分けられています。 「津久井やまゆり園」をめぐっては、当初、県が打ち出した同じ規模で建て替える案に障害者団体などから反対意見が相次いだため見直しが進められていて、県はことし6月にも構想案をまとめる方針です。

横浜いじめ問題 市長が教育長に文書で厳重注意

17/4/21(金)14:26

福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した男子生徒がいじめを受けていた問題で、横浜市の林文子市長は岡田優子教育長を文書で厳重注意しました。

この問題は、原発事故で横浜市に自主避難した男子生徒が小学生のとき、「賠償金をもらっているだろ」と同級生に言われ、金を渡すなどのいじめを受けていたものです。 問題を受け横浜市の林市長は21日、教育委員会の岡田教育長に対し、「学校・教育行政全体の管理監督者として組織マネジメントが不十分だった」などとして、文書で厳重注意しました。 また横浜市教育委員会は、今回の問題に関係した当時の学校教育事務所の所長や副校長ら6人を、戒告などの懲戒処分にしました。

湯河原町の女性殺人放火事件から2年 捜査は難航

17/4/21(金)14:25

湯河原町の住宅の焼け跡から女性の遺体が見つかった殺人放火事件から、21日で2年が経ちました。現在も犯人逮捕には至っておらず、県警が情報提供を呼びかけています。

この事件は2年前の4月21日、湯河原町宮下で住宅を全焼する火事があり、焼け跡からこの家に住む平井美江さんの遺体が額に包丁が刺さった状態で見つかったものです。 県警は去年、事件当日の朝、現場に近いJR湯河原駅の防犯カメラに映っていた男性と見られる人物の映像を公開。 事件について何らかの事情を知っているとみられていますが、その後の捜査関係者への取材で、この人物は電車で東京方面に向かったものの、使われた切符が見つかっていないことが分かっていて、現在も足取りはつかめていません。 県警は21日、JR湯河原駅と小田原駅であわせて1万枚のチラシを配り、通行人に情報提供を呼びかけました。 県警では、電話番号0465-32-0110で事件に関する情報提供を呼びかけています。