デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2018年10月19日(金)]

砕氷艦「しらせ」を園児が見送り 横須賀

18/10/19(金)19:37

砕氷艦「しらせ」が11月、南極に出港するのを前に19日、海上自衛隊の横須賀基地で幼稚園児らが見送り会を開きました。

「しらせ」は南極の観測基地にスタッフや研究資材を運ぶため海の氷を砕きながら進む船です。 19日は横浜市にある野庭幼稚園と並木幼稚園の園児らおよそ170人が、隊員たちに花束を渡した後「病気やケガに気を付けてお仕事頑張って下さい」と激励のメッセージを送りました。 「しらせ」は11月上旬に南極に向けて出港し来年4月中旬に帰港する予定です。

体操銀メダリスト田中氏が小学校で特別授業 秦野市

18/10/19(金)19:36

ロンドンオリンピック、体操の銀メダリストの田中和仁さんが秦野市の小学校で特別授業を行いました。

田中さんは2012年のロンドンオリンピックの体操男子団体で銀メダルを獲得し、妹の理恵さん、弟の佑典さんとともに3兄弟で出場したことでも注目を集めました。 19日の授業では秦野市立南が丘小学校の5年生と6年生のおよそ260人の児童が田中さんからマット運動など体操の実技と、夢をかなえるための考え方などを教わりました。 マット運動の基礎となる後ろ回りで、体操選手が大技につなげるために練習している方法では、児童らが一生懸命取り組んでいました。

KYB免震装置データ改ざん問題 県内に波紋広がる

18/10/19(金)19:34

地震の揺れを抑える装置のデータ改ざん問題を起こした油圧機器メーカーのKYBは19日、不正や不正の疑いがある装置を使っている建物名、70件を公表しましたが、県内の建物は含まれませんでした。

国土交通省から県などへの情報提供によりますと県内では問題の免震ダンパーが67件使われていることが分かっていて内訳は住宅(マンションなど)が25件、医療・福祉施設10件、庁舎4件、教育・研究施設が10件などとなっています。 川崎市では問題の免震ダンパーが15件使われていてうち4件が公共施設です。 施設名を明らかにしているのは川崎市立井田病院と中原消防署のみで市によりますとほかの2件は民間と建物を共有しているため名前の公表を控えるということです。 中原消防署には同じ建物の上層部分に宿泊施設があります。 また市内で住宅(マンションなど)8件に使われていることも分かり林立するタワーマンションなどへの影響も懸念されます。

日ノ出町駅近くでひき逃げか 男性が重傷

18/10/19(金)16:10

19日未明、京急日ノ出町駅近くで道路を横断していた70代くらいの男性がバイクにはねられ大ケガをしました。バイクは現場から逃走し、県警がひき逃げ事件として捜査しています。

県警によりますと19日午前4時半頃、横浜市中区宮川町の京急日ノ出町駅近くの県道で、道路を横断していた70代くらいの男性が直進してきたバイクにはねられました。 男性は病院に搬送されろっ骨を折るなどの大ケガをしましたが、命に別状はないということです。 バイクはそのまま現場から逃走していて、県警は付近の防犯カメラを調べるなどして、ひきにげ事件として行方を追っています。

男性運転手2人を停職処分 川崎市営バス

18/10/19(金)16:04

川崎市交通局は市営バスの男性運転手2人を19日付けで停職6カ月の懲戒処分にしました。

川崎市交通局によりますと停職6カ月の懲戒処分となった川崎市営バス、塩浜営業所の59歳の男性運転手はバスの中など禁煙場所で喫煙したり、シートベルトをせずに運転したりしたほかバスに持ち込みが禁止されている携帯電話を使用しました。 男性運転手は19日付けで依願退職しました。 また、同じく停職6カ月となった鷲ヶ峰営業所の56歳の男性運転手は回送運行の運転中にスマホなどの映像を見たほかシートベルトをしていなかったということです。 この男性運転手はこれまでに乗務中に私用で携帯電話を使ったとして3回、停職処分を受けています。

三崎「魚市場食堂」がオープン 三浦

18/10/19(金)12:22

三浦市にある三崎港の卸売市場内に地元の海の幸を楽しめる食堂が19日朝オープンしました。

三崎水産物地方卸売市場にオープンしたのは三崎「魚市場食堂」です。 全国有数のマグロの水揚げ量を誇る三崎港。 食堂では、三崎マグロや市場からその日に仕入れた魚を使ったメニューなどを食べることができます。 市場で働く人はもちろん、一般の人も利用をすることができ、初日から多くの人が朝食を楽しんでいました。 店を運営するのは三浦市でホテルを営む三崎観光で、食堂を通して観光客を増やし港の活性化につなげたいとしています。

国立印刷局職員の男が痴漢容疑で逮捕

18/10/19(金)12:13

国立印刷局の職員の男が小田原駅で女性の下半身を触ったとして、県警に現行犯逮捕されました。男は容疑を否認しています。

県迷惑行為防止条例違反の痴漢の疑いで現行犯逮捕されたのは、伊勢原市に住む国立印刷局小田原工場の職員、銘苅太一容疑者26歳です。 県警によりますと銘苅容疑者は18日午後11時45分頃、小田原駅東西自由通路のベンチで座っていた28歳の女性の下半身を触った疑いが持たれています。 調べに対し銘苅容疑者は「やっていない」と容疑を否認しているということです。 銘苅容疑者は当時、酒を飲んで帰宅途中とみられ女性が駅員に被害を訴え、通報で駆けつけた警察官に取り押さえられました。 県警が当時の詳しい状況を調べています。