デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2017年12月8日(金)]

女児15人にわいせつ行為 元保育所職員に懲役18年求刑

17/12/8(金)18:52

平塚市などの保育所で女の子15人にわいせつな行為をした罪などに問われている元職員の男の裁判で、検察側は男に懲役18年を求刑しました。

この裁判は2015年4月から2016年3月のあいだに、平塚市の認可外保育所などで、当時1歳から6歳の女の子15人の下半身を触るなどし、スマートフォンで撮影したとして、元職員の角田悠輔被告が強制わいせつなどの罪に問われているものです。 これまでの裁判で角田被告は、起訴された内容を認めています。 12月8日の裁判で検察側は、「立場を悪用し計画的で極めて悪質」と指摘し、懲役18年を求刑。 一方弁護側は、「撮影したデータは消去などに合意していて、流出の心配はない。 本人も反省している」として、懲役10年が相当と主張しました。 この裁判の判決は12月26日に言い渡される予定です。 また、角田被告は2015年12月、生後4カ月の男の子に暴行を加え死亡させた傷害致死の罪でも起訴されていて、2018年1月22日に初公判が行われる予定です。

新江ノ島水族館 ミノクラゲを日本初展示

17/12/8(金)18:50

藤沢市にある新江ノ島水族館では世界で初めてミノクラゲの繁殖展示に成功しています。

タイやフィリピンなど東南アジアに生息するミノクラゲ。 現在、カサの直径はおよそ5センチですが成長すると50センチ程になるといいます。 成長とともに多くの突起が現れてその様子が蓑をまとったように見えることからミノクラゲと呼ばれています。 タイの研究機関からポリプという成長の初期の段階で譲り受け、北里大学との共同研究で今回の繁殖展示を成功させましたが、生態が詳しく解明されていないミノクラゲの繁殖は困難を極めたようです。 ミノクラゲは北里アクアリウムラボでも同時に公開が始まり、今後も繁殖の効率をあげる研究を進めていくとしています。

ラグビー・スコットランド代表 日産スタジアム視察

17/12/8(金)18:49

ラグビーワールドカップ2019の決勝戦が行われる横浜国際総合競技場をラグビースコットランド代表が視察しました。

視察に訪れたのはラグビースコットランド代表のグレガー・タウンゼントヘッドコーチらチームスタッフ3人です。 現在、世界ランク5位のスコットランド。 先月行われた親善試合では前回優勝国で世界ランク1位のニュージーランドに1トライ差に迫る互角の戦いを演じました。 ラグビーワールドカップ2019で、前回大会に引き続き日本と同じ予選プールのスコットランドは、予選2試合を横浜国際総合競技場で戦うことが決まりました。 公認キャンプ地の選定も兼ねて、今回来日しているスコットランド代表の首脳陣。 横浜国際総合競技場を視察したタウンゼントヘッドコーチは「非常に素晴らしいスタジアムだと思う。 歴史があり収容力も大きいと感じた。 我々は予選2試合を戦うので私たちにとって本当に大事な会場だと思う。 しかもその内の1試合は日本戦なのでとても楽しみにしている会場」と語りました横浜国際総合競技場でスコットランドはアイルランド、日本とそれぞれ戦います。

神奈川労働局など みなとみらいの工事現場をパトロール

17/12/8(金)18:47

神奈川労働局などは、横浜市のみなとみらい地区で、せわしない年末年始に事故が起きやすくなる工事現場のパトロールを行いました。

厚生労働省は、12月と1月を工事現場での転落事故を防止する強化キャンペーンの期間としています。 これにあわせて行われたパトロールでは、神奈川労働局の局長や関係者らが、みなとみらい地区の工事現場を見て回りました。 この場所には、地上19階建てのオフィスビルが建つ予定で、ことし8月から本格的な工事が始まっています。 参加者は、施工業者から作業をする人が危険な重機の周りに立ち入らない工夫や、今後、ロボットを使って荷物を運ぶ計画などの説明を受け、工事現場での労働環境の状況を確認していました。

中学校昼食「ハマ弁」来春から値下げへ 横浜

17/12/8(金)18:46

横浜市が提供する配達式の中学校昼食「ハマ弁」について、市は来年の4月から値下げする方針を明らかにしました。

横浜市の林文子市長は12月8日開かれた市議会で「ハマ弁」の値下げについて言及しました。 市の担当者によりますと、いまは利用者が470円支払っている、ごはん、おかず、汁物、牛乳のセットは340円に、もっとも需要が高いと想定されるごはん、おかず、汁物のセットは390円から300円に値下げされる方針です。 「ハマ弁」の値下げは市長選挙で、林市長が公約のひとつにあげていて、値下げした分の経費の差額は税金で負担することにしています。 2017年10月に「ハマ弁」を食べた生徒の割合は、全体の1.3パーセントで、同じ割合の場合、差額は2500万円ほどになる見込みだということです。 横浜市では、利用しやすい価格で提供することで、子育て世代の負担を軽くしていきたいとしています。

門外不出の秘仏が博物館で初公開

17/12/8(金)12:22

ことし横浜市の指定文化財に登録された門外不出の観音菩薩像が初めて博物館で公開されました。

横浜市歴史博物館では今、国や横浜市の指定を受けた文化財を集めた展示が行われています。 中でも目玉はこちら、木造十一面観音菩薩立像です。 普段は港北区にある西方寺に安置されているもので12年に1度、ねずみ年の時にしか開帳されないものです。 平安時代後期に作られたこの像は江戸時代になって全身に金が張られましたが東日本大震災で損傷を受けたのを修理する際に金が剥がされ本来の姿となってよみがえりました。 平安後期の国風文化の良さを持った菩薩像を堪能できる展示は1月8日まで行われています。