デジタル3ch テレビ神奈川

ただいま放送中の番組
7:30
シャキット!
ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2017年3月23日(木)]

「全国都市緑化よこはまフェア」内覧会

17/3/23(木)18:59

25日から始まる「全国都市緑化よこはまフェア」を前に展示される花や施設が関係者向けに公開されました。

毎年全国の各都市で行われ、ことしは横浜で開かれる花と緑の祭典「緑化フェア」。 山下公園など臨海部を回遊する「みなとガーデン」と、旭区の自然豊かなエリアの「里山ガーデン」、メイン会場を2つ設けて行われます。 里山ガーデンの目玉は市内最大級の大花壇。 およそ1ヘクタールの敷地に横浜の農家が生産したパンジーやビオラなど10万株以上が咲き誇ります。 森の小道を抜けると色鮮やかな菜の花畑が広がり4月にはヤマザクラなど多彩な桜が辺りを彩るということです。 「みなとガーデン」の山下公園内で来場者を出迎えるのは緑化フェアのマスコットキャラクター「ガーデンベア」。 頭の部分にパンジーなど千本の花を使っています。 その他にも港を背景にしたフォトスペースでの写真撮影や一足先に咲いたソメイヨシノが楽しめます。 あさってから開幕する緑化フェアは6月まで計72日間、開かれ季節に応じて様々な花が楽しめるということです。

ブラインドサッカー世界王者が川崎に!

17/3/23(木)18:55

視覚障害者がプレーする「ブラインドサッカー」。その世界王者が、川崎にやってきました。

23日、川崎市役所を訪れたのは、ブラインドサッカー・ブラジル代表チームのマルコス・アウヴェス選手らです。 25日から川崎区で行われる、国内の「クラブチーム選手権」に海外招待枠として出場します。 現在国内の競技人口が420人程といわれるブラインドサッカーで、日本が世界ランク8位なのに対し、ブラジルは1位。 パラリンピックでは去年のリオ大会を含め4連覇の偉業を達成した、まさに世界王者です。 パラリンピック競技の普及に力を入れる福田紀彦市長は、「素晴らしいプレーを生で見られる感動を多くの市民と楽しみたい」と、チームを歓迎しました。 ブラインドサッカーの「クラブチーム選手権」は、25日から2日間、富士通スタジアム川崎で行われます。

横須賀市教委が中学校給食の実施方式調査結果を報告

17/3/23(木)18:55

横須賀市立中学校の完全給食の実施に向けて市の教育委員会が行った実施方式をめぐる調査結果がまとまり開会中の市議会に報告されました。

横須賀市議会の特別委員会に報告されたのは市立中学校23校で完全給食を実施する上での整備計画をめぐる調査結果です。 調査は市立中学校の全てに調理室を設置する自校方式と給食センターを整備し配送するセンター方式、それに小学校の給食と連携する親子方式の3種類について行われました。 初期の整備費については自校方式がおよそ83億円でセンター方式はおよそ64億円などと試算されました。 その上でいずれの方式も課題があると指摘し自校方式については半数近い学校が敷地に大きな課題があり整備は困難と判定しています。 調査結果を受けて市教委では市議会での議論などを踏まえことし7月にも実施方式を決定したいとしています。

清川村に初のスーパー出店へ

17/3/23(木)18:55

清川村に村で初めて「スーパー」ができることになりました。

清川村に初めての「スーパー」を出店するのは横浜市に本社を持つドラッグストア大手の「クリエイトエス・ディー」。 国の交付金を含めおよそ2億9千万円の予算で、村が土地と建物を整備し、クリエイトエス・ディーと賃貸契約を結ぶということです。 村では去年10月、唯一あったコンビニが閉店となっていて、商業施設の誘致が課題となっていました。 新たな店舗は食品や日用雑貨などを扱うスーパーの機能に加え、化粧品や医療品などのドラッグストアとしての機能も充実させるということです。 村役場では23日、村とクリエイトエス・ディーとの間で出店についての協定が結ばれ、シティプロモーションなどについて協力していくこともあわせて確認されました。 新店舗はことし7月に着工し、来年3月にオープンする予定です。

工場のエレベーターで足切断 近藤乳業を書類送検 

17/3/23(木)18:52

藤沢市にある牛乳製造会社の工場で、作業をしていた男性が左足をエレベーターにはさまれ切断する事故があり、藤沢労働基準監督署は23日、必要な安全措置を怠ったなどとして、会社と役員の男性を書類送検しました。

労働安全衛生法違反の疑いで書類送検されたのは藤沢市川名にある近藤乳業と執行役員の61歳の男性です。 藤沢労働基準監督署によりますと去年10月、男性社員が工場2階のエレベーターに商品の包装資材を積み込もうとしたところ、扉が開いたままでエレベーターが突然下降しました。 その際、男性は左足をエレベーターと2階の床にはさまれ、膝のあたりから切断したということです。 会社と執行役員はエレベーターに安全装置を付けるなど、危険を防止するための措置を怠ったなどの疑いが持たれています。 エレベーターは自社で作ったものだということで、調べに対し会社側は「危険だという認識はあった」と容疑を認めているということです。

かつての街並みは? 川崎市が映像募集

17/3/23(木)18:49

「街の記憶を残したい」。川崎市は、7年後に迎える市制100周年の記念事業として、かつての市内の暮らしをとらえた映像を募集しています。

これは、今から64年前の1953年に撮影された、川崎駅前の映像。 当時の街並みなどを伝える、貴重な史料となっています。 こうした映像は2007年までの55年間にわたって市内の社団法人が制作し、映画館などで上映されてきましたが、フィルムが経年劣化し再生が難しくなるなど、その保存が課題となっていました。 市が募集するのは、1980年代までを中心とした、市内の街並みや風景、暮らしが記録されたもので、23日から電話で受け付けを始めています。 川崎市は、集まった映像を随時市のホームページで公開したり、学校の授業などで活用したりしていくということです。

横浜市西区で路上強盗 男性が現金奪われる

17/3/23(木)09:14

22日夜、横浜市西区で会社員の男性が男に現金を奪われる強盗事件がありました。

22日午後10時頃、横浜市西区南幸で階段を登っていた47歳の会社員の男性が後ろから来た男に刃物のようなものを突きつけられ「分かるだろう、金だよ、金」と脅されました。 男性が財布から現金3万7000円を渡すと、男は受け取り、そのうちの5000円を返して走って逃げました。 男性にケガはありませんでした。 県警によりますと逃げた男は年齢が30歳くらい、身長170センチから175センチほどの痩せ型、髪は短く、上下黒色で白いマスクをしていたということです。 県警が強盗事件として捜査しています。