デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2022年8月12日(金)]

厚木市 態度不良の部下に土下座強要か 課長と部下を停職

22/8/12(金)19:14

厚木市は、指導中の部下に対し土下座を強要するパワハラ行為を行ったとして、57歳の男性課長を停職1カ月の懲戒処分としました。一方、パワハラを受けたとされる部下の21歳の男性職員も勤務態度に問題があったとして、停職処分となっています。

厚木市によりますと2人は厚木市民斎場の管理を担当していて、ことし5月に男性課長が部下の男性に対し、事務処理の遅れなど日頃の勤務態度が悪いとして事務室内で「謝れよ、土下座しろ」と叱責したということです。 当時、事務室には他の職員もいましたが、男性はその場で土下座をして、およそ1時間にわたる指導を受けました。 一方で、パワハラを受けたという部下の男性職員を市が調査したところ、1年ほど前から勤務中に公用パソコンで日常的にアダルトサイトなどを閲覧していたことが発覚。 さらに、清掃委託業者への支払いの遅延や、勤務中の遅刻や居眠りを繰り返していたことが明らかになったということで、この男性職員も同じく停職1カ月の懲戒処分となりました。 男性課長は「これまでの積み重ねがあったとしても、誤った指導だった」と話し、部下の職員は「自分の勤務態度がかなり悪かった」と反省しているということです。 小林常良市長は「公務員にとって信頼を損ねる行為。 誠に遺憾であり深くおわび申し上げます」とコメントをしています。

要援護高齢者支援で業務怠って費用発生 横浜市

22/8/12(金)19:04

横浜市は、援護が必要な高齢者を支援する職員が業務を怠ったため、本来必要のない葬祭費が発生していたと発表しました。

横浜市によりますと、40代の女性職員は、おととし9月、金沢区に住む70代の男性が意識不明で入院した際男性のおいから今後の支援について相談を受け、親族調査を実施しました。 しかし、親族に連絡せず支援を進めないまま、去年9月に男性が死亡すると、葬祭業者に対しても「親族に連絡中」などと虚偽の説明をしていました。 これにより遺体保管について、火葬までの2カ月間で数万円から数十万円程度の本来必要のない費用が発生したということです。 女性職員は、「後回しにした結果、その場しのぎになってしまった」と話していて、横浜市は、今後、おいと支払いについて話し合いを進めるということです。

日航機墜落から37年 川崎で坂本九さん追悼コンサート 

22/8/12(金)19:03

520人が犠牲になった日航機墜落事故から8月12日で37年。事故でなくなった川崎市出身の歌手、坂本九さんをしのぶコンサートが、市内で行われました。

「幸せなら手をたたこう」や「上を向いて歩こう」など、数々の名曲を残した川崎出身の歌手・坂本九さん。 37年前の12日、日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山に墜落、乗客ら520人が犠牲になる事故が起き、乗っていた坂本さんも亡くなりました。 このコンサートは8月12日に川崎区が毎年行っていますが、ステージに上がって合唱が行われたのは3年ぶりとなります。 12日は坂本さんの母校である市立川崎小学校の児童23人が、市消防音楽隊の演奏に乗せ、「明日があるさ」など全6曲を歌い上げました。 合唱した児童「亡くなってしまったけど、川小に残した思いみたいなのがあるのかなと思って、やろうかなと思いました」「川崎小学校にとっては、すごい偉大な人だと思います。 最後までしっかりとやり切れたので、よかったなと思います」

「日本バレエの母」エリアナの顕彰碑修繕へ 鎌倉市が寄付募集

22/8/12(金)18:58

鎌倉市に日本初のバレエスクールを設立したエリアナ・パブロバさんの顕彰碑を修繕するため、市は、ふるさと納税を活用して寄付金を募集しています。

鎌倉市によりますと、「日本バレエの母」と呼ばれるエリアナ・パブロバさんは、1919年にロシア革命を逃れて来日し、その後、鎌倉市の七里ガ浜に日本で初めてバレエスクールを設立しました。 1986年には、バレエスクールの跡地に顕彰碑が建てられましたが、潮風によりステンレスでできたアーチの劣化などが進んでいることから市はふるさと納税を活用した寄付金の募集を8月から始めました。 目標額は297万円で鎌倉文化を再発見するきっかけの場となることを目指していくということです。 地域の人「あったのは知っていたが、そういったものだとは知らなかった。 市の取り組みは、いいことだと思う」鎌倉市文化課・矢野美緒さん「多くの人に訪れてもらうことで、エリアナの愛した七里ガ浜の自然の魅力や文化的側面を、多くの人に知ってほしいと考えている。 プロジェクトに賛同してもらえたら、協力してほしい」寄付金の募集は10月13日まで行われています。

37歳長男を監禁し死亡させたか 父親起訴 母親らは不起訴

22/8/12(金)18:48

去年、川崎市麻生区の自宅で、寝たきりだった当時37歳の長男を拘束したうえ、衰弱死させたとして、横浜地検は、70歳の父親を保護責任者遺棄致死などの罪で起訴しました。

保護責任者遺棄致死と逮捕監禁の罪で起訴されたのは、川崎市麻生区栗木台の無職、横山直樹被告です。 起訴状などによりますと、横山被告は、去年8月中旬頃に自宅で同居する長男の雄一郎さんが階段から滑り落ちて脳出血で寝たきりの状態になったと認識しながらも、必要な措置をとらずにその後、感染症で死亡させた罪に問われています。 また、去年5月から9月までの間、雄一郎さんの両手足に手錠などをかけて拘束し、脱出することが困難な状態にした罪にも問われています。 横山被告は神奈川県警の調べに対し、保護責任者遺棄致死の容疑を否認していました。 県警は、同居していた母親と妹を逮捕していましたが、8月12日付けで不起訴処分となりました。

電車内で女性に暴行か 葉山町職員を減給処分

22/8/12(金)17:41

葉山町は、停車していた電車内で女性に暴行を加えたとして、50歳の男性職員を減給処分にしました。

減給10分の1、6カ月の懲戒処分となったのは、葉山町総務部に勤務する50歳の男性職員です。 町などによりますと、男性職員は去年11月の夜、JR大船駅に停車していた根岸線の電車内で、女性の胸をつかむなどの暴行を加えたということです。 女性にケガはありませんでした。 ことし6月に男性職員は暴行の疑いで神奈川県警に逮捕され、その後、不起訴処分になっています。 町の聞き取りに対し、男性職員は「あまり記憶がない。 このような騒ぎを起こして申し訳ございません」と話しているということです。

神奈川1万2432人感染 11人死亡 新型コロナ 

22/8/12(金)17:37

新型コロナウイルスについて、神奈川県内では8月12日、1万2432人の感染と患者11人の死亡が確認されました。

感染が確認されたのは、横浜市で4977人、川崎市で2116人、相模原市で828人など、神奈川県内あわせて1万2432人で、先週の金曜日と比べて、745人減りました。 また、80代から90代の男女、あわせて11人の死亡が確認されています。 神奈川県の自主療養制度では、12日正午時点で、4335人に証明書が発行されました。 一方、医療提供体制について、すぐに対応が可能な病床の利用率は、11日時点で、全体で81.03%、重症用は55.81%となっています。

3年ぶり「座間市ひまわりまつり」 約55万本が一面に

22/8/12(金)13:02

3年ぶりに行動制限のないお盆休みを迎えたことし、座間市では大輪のヒマワリを楽しめる祭りが開かれています。

記者「3年ぶりの開催となった、座間市のひまわりまつり。 一面に咲き誇る花を見に、多くの家族連れでにぎわっています」8月11日から始まった「座間市ひまわりまつり」の会場では、首都圏随一とされるおよそ55万本もの大輪のヒマワリが満開で迎えています。 訪れた人たちは、背丈よりも高いヒマワリに囲まれて、思い出の一枚を写真に収めていました。 ことしは新型コロナ対策のため花畑の通路の本数を増やし、道幅も拡大。 また、祭りには多くの出店も出ていますが食べ歩きは禁止として注意を払いながらの開催となっています。 座間市ひまわりまつり・近藤昭夫実行委員長「やるからには、コロナの感染対策をしっかり行う。 今までよりも3倍多く、テントを作りました。 ソーシャルディスタンスを取って、間隔を空けての感染防止策を講じています」訪れた人「お祭りムードも楽しめつつ、アルコール消毒とかも置いてもらっているし、やっぱりこういう催し物があると、子どもたちも楽しめていいなと思います」祭りは14日まで開催の予定でしたが、台風の接近に伴う大雨が予想されるため13日は急きょ中止が決定し、14日は未定だということです。

13チームが一堂に 横浜スポーツパートナーズパネル展

22/8/12(金)13:02

横浜市に拠点を置く13のトップスポーツチームを紹介する企画展が横浜市役所で開かれています。

記者「ベイスターズに日体大、シーガルズに、YSCC、FC、マリノス、そしてビーコル、エクセレンス、グリッツ、サンディーバ、TKM、キャノン、全部で13チーム、横浜ってすごいですね」紹介されている13チームが参加する横浜スポーツパートナーズは、市と連携するための仕組みとしておととし10月に始まりました。 去年夏に男子バスケットボールの横浜エクセレンスと男子ラグビーの横浜キヤノンイーグルスが加わり、現在、7つの競技、13チームとなっています。 各チームはイベントなどを通じたスポーツ振興のほか、プラゴミ削減や人権啓発など市の課題にもともに取り組んでいます。 訪れた人はユニフォームの前で足を止めて眺めたり写真を撮ったりしていました。 横浜市スポーツ振興課・杉村健太さん「みなさんの推しチームだけでなくて、一年中いろんな競技を横浜市でやっているので、いろいろ選手の活躍シーンの写真を見て、少しでもファンになってもらえれば」横浜スポーツパートナーズパネル展は、横浜市役所1階で8月21日まで開かれています。