デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2022年11月28日(月)]

大麻所持した疑いの女性教諭ら3人を懲戒免職 横浜市教委

22/11/28(月)22:33

横浜市教育委員会は、自宅に大麻を所持していたとして、逮捕された市立小学校の女性教諭ら3人を28日付けで懲戒免職処分にしたことを発表しました。

市教委によりますと横浜市中区の市立小学校に勤務していた24歳の女性教諭は、10月20日、自宅に大麻を所持した疑いで神奈川県警に逮捕され、11月9日、不起訴処分になっています。 女性教諭は、「ストレスがたまった時に使った。 ご迷惑をおかけして申し訳ない」などと話しているということです。 また、金沢区の市立小学校に勤務していた46歳の男性教諭は、5月下旬以降に隣に住む女性を盗撮したほか、女性の部屋に侵入し、SDカード1枚を盗んだとして県迷惑行為防止条例違反などの疑いで書類送検されました。 男性教諭は、「隣に住む女性に関心を持ちもっと知りたいと思った」などと話しているということです。 このほか、港南区の小学校に勤務していた65歳の女性用務員が、同僚のロッカーにあった財布から現金2万円を盗み、8月に書類送検され、市教委への聞き取りに虚偽の供述を繰り返していました。

【コメント全文】横浜FM・仲川輝人選手 FC東京へ完全移籍

22/11/28(月)19:07

横浜F・マリノスは28日、所属する仲川輝人選手が、FC東京へ完全移籍することが決まったと発表しました。

仲川選手は神奈川県出身の30歳で、専修大学から横浜F・マリノスに加入。 2019年にはリーグMVPと得点王に輝き、チームの15年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。 今回の移籍を受けた、仲川選手のコメントは下記の通り。 【仲川選手コメント全文(クラブを通じて)】「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さんへ。 2015年から8シーズン過ごした横浜F・マリノスを離れる時がきました。 振り返ると、加入してからしばらくは思うように活躍することができず、もどかしい日々が続きました。 ただ、大ケガを負った自分と契約をしてくれた横浜F・マリノス。 そして、何よりどんな時でも支えてくれたファン・サポーターの皆さんに恩返しをしたい一心で、自分なりに日々全力で走り抜けてきました。 どれだけその恩を返すことができたか分かりませんが、マリノスファミリー全員で勝ち獲った2度の優勝は、自分のなかで一生残る大切な宝物です。 自分にとって横浜F・マリノスは、チームが一丸となりひとつの方向へ進むために、どのような振る舞いをするべきかなど、選手としてだけでなく、人としても大きく成長させてくれたとても大切な場所です。 横浜F・マリノスに関わるすべての人たちの存在がなければ、いまの自分はありません。 この8年間、歴史と伝統あるクラブの一員として、共に戦えたことをとても誇りに思います。 今度は対戦相手となりますが、またお会いできることを楽しみにしています。 マリノスファミリーの皆さんには、感謝してもしきれない想いでいっぱいです。 本当にありがとうございました」

川崎フロンターレ・大島僚太選手 一日警察署長に

22/11/28(月)18:47

サッカーJ1・川崎フロンターレの大島僚太選手が一日警察署長を務め、交通安全などを呼びかけました。

27日は、県警が毎月定める「交番の日」です。 それにともない川崎市の幸警察署では、川崎フロンターレの大島僚太選手が一日署長に任命されました。 28日のキャンペーンではその委嘱式などが行われたほか、トークショーで大島選手自身が実践しているという安全運転への取り組みを紹介し、交通事故の防止などを呼びかけました。 幸警察署によりますと、ことしに入ってから11月27日までに管内で発生した交通事故は255件で、3人が死亡しているということです。 幸警察署の一日署長・大島僚太選手「自分は特に運転することが多いので、(事故防止に)気をつけなければいけないなと思った。歩行者の人も自転車の人も車を運転する人も、時間と心に余裕をもって行動して、事故のない一日を過ごしていきましょう」

厚木市長選挙 県議・山口貴裕氏が出馬を正式表明

22/11/28(月)18:43

任期満了に伴い来年2月に行われる厚木市長選挙に、自民党の神奈川県議会議員・山口貴裕さんが、無所属で立候補すると正式に表明しました。

山口貴裕氏「厚木のすばらしさをもっとより一層われわれがブラッシュアップして磨きあげて、魅力創出の中で厚木をつくってまいりたい。そのかじ取り役を私に任せてもらいたい。 私がやらなくて誰がやる、その思いの中で決意をさせていただいた」山口貴裕さん(49)は、厚木市議を経て現在は県議として3期目を務めていて、前の厚木市長・山口巖雄さんの長男です。 山口さんは市内の魅力の発信強化や、伊勢原市・愛川町・清川村との4市町村で、広域課題に対して連携する「姉妹都市構想」を掲げると述べました。 また、現市政の「成果は評価する」としつつ「責任世代への世代交代を目指す」として、本厚木駅北口の再開発や、企業誘致の環境整備などに積極的に取り組むとしています。 市長選には無所属で出馬し、自民党と公明党に推薦を申請する考えです。 厚木市長選に立候補を表明したのは山口さんが2人目で、現在4期目の現職・小林常良市長は、12月上旬にも態度を表明するとしています。

湯河原町長選 現職・冨田町長が5選へ立候補表明

22/11/28(月)18:39

湯河原町の冨田幸宏町長が、来年4月に行われる次の町長選挙に、5期目を目指して立候補する考えを示しました。

湯河原町・冨田幸宏町長(65)「これまでの経験を生かし、今後も引き続き皆さまのご指導をいただきながら、町をさらに元気にする情熱をもって、多くの課題に向けて挑んでいきたい所存」冨田町長は28日開かれた町議会で、議員の質問に答えるかたちで立候補を表明しました。 2007年に初当選し現在4期目を務めている冨田町長は、「湯河原町が持続可能な自治体であるための課題を、柔軟かつ速やかに検討・判断・実施することが求められている」と、立候補の理由を述べました。 湯河原町・冨田幸宏町長「(5期目は)長いと言われれば長いかもしれないが、自分の中では同じ気持ちを持ちながら、1期1期重ねてきたつもり。本当の礎みたいなところをしっかり方向づけることが、次の人たちのためにとっても大切ではないかと最近つくづく思うようになった」次の湯河原町長選挙に立候補を表明したのは冨田町長が初めてで、選挙は統一地方選挙が行われる来年4月18日に告示され、23日に投開票されます。

大磯町長選挙で初当選 池田氏に当選証書

22/11/28(月)18:34

任期満了に伴い27日行われた大磯町長選挙で初当選した、池田東一郎さんに当選証書が渡されました。

元県議の池田さんは、現職が今期限りでの引退を表明したなか、新人6人が立候補した27日の選挙で7371票を得て、初当選を果たしました。 一夜明けた28日は、大磯町役場で当選証書の付与式が行われ、選挙管理委員会の播磨委員長から「今までの見識と経験をもって、よりよい大磯のまちづくりに励んでいただきたい」と証書が手渡されました。 池田さんは、12月15日に町長としての任期をスタートさせます。 大磯町長選挙で初当選・池田 東一郎氏「皆さまからいただいた期待に添えるように、しっかりと取り組んでいきたいという決意も新たにした。一日も早く大磯の町民の皆さまに、もっと安心して暮らせる大磯を実現していきたい」池田さんは、29日午後9時半から放送のtvk「NewsLink」に生出演する予定です。

J1制覇の横浜F・マリノス 横須賀市に喜び報告

22/11/28(月)17:53

今シーズンJ1優勝を果たした横浜F・マリノスの社長が、ホームタウンの1つである横須賀市を訪れ、喜びを報告しました。

11月5日、3年ぶり5度目のJ1制覇を果たした横浜F・マリノス。 28日午前、優勝のシャーレとともに黒澤良二社長が、上地克明市長のもとへ報告に訪れました。 横須賀市は、2005年からホームタウンの1つとなっていて、来年1月には、久里浜にある「旧くりはまみんなの公園」にトップチームの練習場がオープンする予定です。 報告を受けた上地市長は「ホームタウンとして、優勝できたことをうれしく思う。 できる限りこれからも応援していく」などとエールを送りました。 運営法人横浜マリノス・黒澤良二社長「市をあげて迎えてもらって、優勝の報告ができて非常にうれしく思った。(今後も)横須賀市に活力をもたらせるようなウィンウィンになるコラボをして、お互いに成長できるような活動ができればと思っている」

神奈川4066人感染・4人死亡 新型コロナ

22/11/28(月)17:51

新型コロナウイルスについて、神奈川県内では28日、4066人の感染と患者4人の死亡が新たに確認されました。

県によりますと、28日の県内の新規感染者は4066人で、先週の月曜日より581人多くなりました。 前の週を上回るのは、4日連続です。 このうち2869人は医療機関から報告があった患者で、内訳は横浜市で1372人、川崎市で578人、相模原市で97人、などとなっています。 ほか1197人は自己検査で陽性となり、県の「陽性者登録窓口」で登録された患者です。 また、50代から90歳以上の男女4人の死亡が確認されました。

W杯日本対コスタリカ・さぎぬま小でPVも敗戦

22/11/28(月)13:30

サッカーワールドカップ、日本は11月27日、コスタリカと対戦し、惜しくも敗れました。

選手が所属したクラブではパブリックビューイングを開いて声援を送りました。 2試合連続スタメンの権田、板倉のほか、三笘、田中の4人が小学校時代に所属した川崎市宮前区のさぎぬまSC。 クラブが主催したパブリックビューイングには子どもや保護者らおよそ250人が集まりました。 ドイツ戦の金星に続く勝利を期待するも、日本は前半、なかなか相手ゴールに迫ることができず。 子どもたちも思わず立ち上がって声援を送ります。 0対0のまま迎えた後半36分でした。 権田選手がはじいたボールがゴールネットに吸い込まれると会場は一瞬静まり返りました。 日本はそのままコスタリカに0対1で敗れ、2連勝とはなりませんでした。 (観戦した子ども)「三笘選手はドリブルよかったしうまかったのでびっくりした」「板倉選手はいいディフェンスしていたけど1点とられたのは悔しい」「次もまたОBの4人に頑張ってほしい」(さぎぬまSC澤田秀治代表)「子どもたちにはすごくいい思い出を作ってあげることができたのでみなさんに感謝 選手にも感謝先輩の背中を追って日本代表を目指してサッカーをすると思うのでこれからも応援してあげたい」日本は決勝トーナメント進出をかけて12月2日午前4時、スペインと対戦します。

【特殊詐欺警報】神奈川県 11月28日午前11時半時点

22/11/28(月)13:15

ここで、11月28日に県内で発生している特殊詐欺の情報です。

神奈川県警によりますと、これまでに横浜市瀬谷区本郷、港北区新吉田町、日吉本町、泉区上飯田町、中田東、都筑区勝田町、戸塚区鳥が丘、伊勢原市田中、厚木市戸室、綾瀬市上土棚南で、現金やカードを要求する特殊詐欺の電話がかかってきています。 内容としては、息子をかたって「トイレで携帯電話をなくした」といったものや、区役所をかたり「医療費の還付金があります」などです。 その電話は詐欺です、すぐに電話を切り警察に連絡してください。

勤務先の経営者を模造刀で切りつけ殺害しようとしたか 男を逮捕 相模原

22/11/28(月)13:13

11月27日、相模原市緑区で勤務先の経営者の男性を模造刀で切りつけて殺害しようとしたとして、神奈川県警は、42歳の男を逮捕しました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、相模原市緑区大島の会社員、横田光司容疑者です。 神奈川県警によりますと、横田容疑者は、27日午後0時20分頃、相模原市緑区大島の路上で、勤務先の会社を経営する48歳の男性を長さおよそ74センチの模造刀で切りつけ、殺害しようとした疑いが持たれています。 男性は、右手の指を切るなど、全治およそ3カ月のケガをしましたが、命に別状はないということです。 男性の妻が「夫が切られた」と県警に通報。 横田容疑者は車で逃走していましたが、およそ5時間半後に自宅にいたところを逮捕されました。 調べに対し横田容疑者は、「自分がやったことに間違いありません」と容疑を認めているということです。 横田容疑者は男性が入院して不在の間、1人で仕事をしていたことに対し、お礼の言葉がないなど不満を持っていたということで、県警が事件のいきさつを詳しく調べています。

厚木 72歳男性がはねられ死亡 車を運転していた80歳男を逮捕

22/11/28(月)13:13

11月27日夕方、厚木市内の市道で、横断歩道を渡っていた男性が、死亡する事故があり、神奈川県警は、車を運転していた80歳の男を逮捕しました。

神奈川県警によりますと、事故があったのは厚木市妻田西の市道で、11月27日午後4時頃、横断歩道を渡っていた男性が、直進してきた普通乗用車にはねられました。 男性は全身を強く打ち、病院に運ばれましたが、およそ9時間後に死亡が確認されました。 神奈川県警は、車を運転していた厚木市妻田北の無職の80歳の男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。 調べに対し男は「気付くのが遅かった」と話していますが、去年1月に免許の更新を行った際には、認知機能の問題などは見られなかったということです。 神奈川県警は今後、容疑を過失運転致死に切り替え調べを進める方針です。

神奈川県内の新型コロナ倒産 10月は9件 2カ月ぶり1ケタ

22/11/28(月)10:33

新型コロナウイルスの影響による10月の神奈川県内の倒産件数が、2カ月ぶりに1ケタだったことが帝国データバンク横浜支店の調査で分かりました。

調査によりますと、新型コロナの影響による10月の神奈川県内の倒産件数は9件で、8月以来2カ月ぶりに10件を下回りました。 負債総額は6億2400万円で、負債1億円未満の小規模な倒産が9件中8件を占めました。 業種別では、「サービス業」が5件と半数以上で、次いで「卸売業」の2件となっています。 新型コロナ関連の倒産は、集計を始めたおととし3月以降の累計で260件となりました。 帝国データバンク横浜支店は、「コロナ関連融資の返済が進む中で、行き詰まるケースが今後も発生することが予想され、コロナ関連倒産は、小規模事業者を中心に引き続き一定の水準で発生する可能性が高い」分析しています。