デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2021年11月29日(月)]

真鶴町長選挙 北澤氏が立候補表明

21/11/29(月)18:26

前の町長が、違法である選挙人名簿のコピーなどを行い、辞職したことを受けて12月に行われる真鶴町長選挙に、前回も立候補した北澤晃男さんが立候補を表明しました。

北澤晃男氏「自分が住む真鶴に泥を塗りたくない。 町民を守るためには、どうしても僕でなくては無理」東京都出身で法務団体代表の北澤晃男さんは、去年行われた前回の選挙にも立候補し、落選しました。 北澤さんは、前の町長らが起こした不祥事に関して、「自分が真鶴町に来て前回の町長選挙に立候補したことで、前の町長が危機感を感じたために起きた」と話しました。 選挙戦で訴える政策としては、選挙管理委員会の改革を進めることや、町のキャラクターを作って知名度を上げることなどを掲げました。 真鶴町長選挙については、元町長の宇賀一章さんと、元町議の森敦彦さんがすでに立候補を表明していて、12月14日に告示され19日に投開票されます。

横浜市戸塚区4人死傷事故 運転の男性「免許返納するつもり」

21/11/29(月)17:53

横浜市戸塚区で今月25日、車がバス停に突っ込み2人が死亡、2人がケガをした事故で、車を運転していた71歳の男性が取材に応じ、免許について「返納するつもりはあります」と話しました。

この事故は11月25日の午後2時半頃、横浜市戸塚区平戸町でワンボックスカーがバス停に突っ込み、女性2人が死亡、男女2人がケガをしたものです。 運転していたのは都内に住む71歳の男性で、県警が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、おととい過失運転致死傷の疑いで送検されたあと、釈放されていました。 男性は28日、取材に応じ、事故当時について「コンビニのところで縁石に乗り上げた。 そのころまで35キロから40キロ出していた。 そのあと車が滑って落っこちたところに女の人が2人いた」などと話しました。 なぜ車が乗り上げたかは「わからない」としています。 これまで運転していて危険を感じることはなく、免許については、返納を考えたことはないということですが、今回の事故を受けて「返納するつもりはあります」と話しました。 県警は、今後実況見分を行って事故当時の状況を詳しく調べることにしています。

藤沢市立中の女性教諭 試験問題漏えいで停職処分  

21/11/29(月)17:51

藤沢市の市立中学校の女性教諭がSNSを使って生徒に試験問題と解答を漏らしたとして、県教育委員会はこの女性教諭を29日付けで停職6カ月の懲戒処分にしました。

停職6カ月の懲戒処分となったのは、藤沢市立中学校の臨時的任用職員で、英語を担当していた47歳の女性教諭です。 県教委によりますと、女性教諭はことし9月から11月にかけ、学校の指導に反して3年生3人にSNSを通じ、英語の試験問題とその解答の一部などを事前に漏らしたということです。 その状況を知った別の生徒がほかの教諭に報告して、発覚しました。 女性教諭は、生徒たちが1年生と2年生のときの英語の教科担当で、当時から相談などを受けていたということです。 県教委は処分の理由について「教育公務員としての職の信用を著しく失墜させた」などと述べました。 一方、女性教諭は「頼られるうちに親のような気持ちになった」などと話していて、29日付けで依願退職しています。

詐欺の電話で準備の3000万円盗まれる 横浜市南区

21/11/29(月)17:50

横浜市南区の90代の女性が息子を装った男からの電話で準備した現金3000万円を、受け取りに来た男に盗まれる事件がありました。

県警によりますと、22日の午前10時頃、横浜市南区に住む90代の女性の自宅に息子を装った男から「会社の金を使いこんでしまった」「3000万円貸してほしい」などと電話がありました。 その後、女性の自宅を訪れた息子の会社の税理士の息子を装った男が「トイレを貸してほしい」などと家の中に入り、準備されていた現金3000万円を持ち去ったということです。 男は特殊詐欺の受け子とみられていて、20代くらいで身長175センチほどの細身、髪は短くて黒かったということです。 県警は窃盗事件として捜査するとともに、「お金を要求する電話にはまず詐欺を疑い警察に相談を」と注意を呼びかけています。

神奈川14人感染 死亡発表なし 新型コロナ

21/11/29(月)17:49

新型コロナウイルスについて県内では29日、14人の感染が確認されました。

感染が確認されたのは、横浜市で8人など県内あわせて14人で、2日ぶりの2ケタとなりました。 死亡した人の発表はありませんでした。 新規感染者は、前の週の同じ曜日より4人増えています。

土木遺産認定の水力発電所 箱根町が公開

21/11/29(月)13:27

箱根町は、神奈川県内で稼働している水力発電所の中で最も古く、ことし9月には土木遺産に認定された「塔之沢発電所」などを、報道陣に公開しました。

箱根町にある「塔之沢発電所」は、ことし9月に土木学会の選ぶ土木遺産に認定され、今回その関連施設とともに公開されました。 箱根町では、山の高低差と豊かな水を生かした水力発電が明治時代頃から行われていて、その礎を築いたとされる塔之沢発電所は、1909年の建設以来、現在も稼働する県内最古の水力発電所です。 発電所では、高さ214メートルから水を流すことで2つの水車を回し、およそ7000世帯分の電力を生み出して、地域の生活を支えています。 箱根町企画観光部企画課ジオパーク推進室・小笹直人主事「環境先進観光地=箱根を標ぼうしているので、観光地としてはもちろん、持続的なエネルギーを生み出しているというところも含めて、この土木遺産に認定された施設というところも活用を考えていければ」

木下大サーカスの招待券 子どもたちへ4000枚贈呈

21/11/29(月)13:21

12月に鎌倉市で開幕する、「木下大サーカス」。その主催者らが29日、黒岩知事のもとを訪れ、子どもたちのための招待券を贈呈しました。

神奈川県庁を訪れたのは「木下大サーカス」の主催者らで、初となる鎌倉市での公演を、児童福祉施設や里親家庭の子どもたちに楽しんでもらうため、招待券4000枚を県に贈りました。 「木下サーカス」はおよそ120年の歴史があるサーカス団で、公演では、検温や消毒など新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底して行うということです。 黒岩知事は、「このプレゼントは、子どもたちに大きな光・希望を与える」などと感謝の言葉を述べました。 湘南鎌倉公演は、12月19日から来年3月13日まで、湘南深沢駅前の特設会場で開催されます。 木下サーカス・木下唯志社長「幸せな空間、あすに向かう勇気といいますか、そういうものをプレゼントさせていただいて、世の中を良くしていくと大げさですけど、そういう一助になればいいなと願っております」

電車内の刺傷事件など受け 駅職員に護身術訓練

21/11/29(月)13:18

電車内で刃物を使った事件などが各地で発生していることを受け、神奈川県警が、駅員らを対象にした護身術の訓練を行っています。

訓練は、ことしに入って電車内で無差別に乗客を襲う事件などが相次いで起きていることなどから、警察官が駅に駆けつけるまで、職員らが身を守れるようになるために実施されています。 都筑警察署で29日に行われた訓練には、横浜市営地下鉄の駅職員20人が参加し、盾やさすまたなどの扱い方のほか、腕を捕まれたときの振りほどき方などを学んでいました。 参加した駅職員「自分がケガをせず時間を稼ぐということ。これを自分たちがやることによって、お客さまの身の安全を守れるという点で役に立った」都筑警察署・菅原英哉警備課長「やはりぎこちない動きがところどころ気にはなったので、引き続き、市の交通局のほうでも訓練をしてほしい」訓練は29日から3日間行われ、あわせて70人程度の職員が参加する予定ということです。