デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2020年7月8日(水)]

東海大相模など32校 甲子園交流試合抽選会

20/7/8(水)18:27

新型コロナウイルスの影響で中止になったこの春の選抜高校野球大会。大会の出場校に選ばれていた東海大相模など32校が招待される、交流試合の組み合わせ抽選会がオンラインで行われました。

甲子園球場で行われる交流試合は、8月10日から12日と、15日から17日の合わせて6日間の中で、各校1試合ずつ戦い、原則として無観客で実施される予定です。 8日の組み合わせ抽選は大阪市にある日本高野連の事務所と出場する32校がオンラインでつないで行われました。 県内からは、東海大相模が招待されていて、抽選の結果、大阪桐蔭と対戦することが決まりました。 試合は8月17日の第1試合に行われます。 日本高野連によりますと、日程や試合順は、各都道府県の独自大会と重ならないよう、配慮して決めたということです。

神奈川県 地域の感染リスク「コロナ警戒マップ」

20/7/8(水)18:24

県は、新型コロナウイルスの適切な予防を促すため、地域ごとに感染リスクを示すマップを作成し、来週から公表することを明らかにしました。

この「新型コロナ警戒マップ」は、県内を保健所単位で10のエリアに分け、感染のリスクを示すものです。 マップの元になるデータは、県が新型コロナの情報提供などを行う、コミュニケーションアプリ「LINE」のパーソナルサポートを活用。 週1回、サービスに登録している県民76万人に、発熱や強いだるさなどの症状を確認するアンケートを行い、地域別の状況を分析します。 マップには、感染が疑われる割合を示した「感染率」と、前の週と比較した傾向を円の大きさと色で表示。 増加傾向にある場合は感染対策を徹底するなど、参考にしてほしいということです。 警戒マップは、15日から毎週、LINEアプリや、県のホームページで掲載される予定です。

箱根・富士屋ホテル リニューアルオープンへ

20/7/8(水)17:53

創業142年を迎える箱根の老舗ホテル、富士屋ホテルが、改修工事を終え来週リニューアルオープンするのを前に、報道陣向けの内覧会が開かれました。

1878年に創業した、富士屋ホテル。 その歴史の中では、夏目漱石や三島由紀夫、それにヘレン・ケラーやチャップリンなど、国内外の名だたる名士が宿泊した記録が残っているといいます。 ただ、建物の耐震性の基準が明確になったことを受けて、おととしから補強と改修の工事が行われていました。 その工事が間もなく終わり、15日にリニューアルオープンを迎えるのを前に、8日、新しい施設の内覧会が開かれました。 国の登録有形文化財でもある建物の意匠は保ちながら、壁の中に地震の衝撃を吸収する機材が埋め込まれて、法律の基準を満たす耐震性を備えました。 このほかにも、客室やレストランでは、今まで使われていた天井の絵や彫刻がきれいに修復されて、雰囲気が一新しています。 また、9日オープンする、箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの早雲山駅の新しい駅舎も披露されました。 ケーブルカーのホームには、全国で初めて導入されたという、昇降式のホーム柵が設けられ、傾斜があっても安全に乗り降りできます。 早雲山駅は箱根周遊の要となる駅で、23日に再開する箱根登山鉄道もあわせて、箱根観光がリフレッシュします。

路線バスとバイクが接触事故 女性が死亡 横浜

20/7/8(水)17:51

8日午後、横浜市港北区の市道で、路線バスと原付バイクが接触する事故があり、バイクを運転していた女性が死亡しました。

県警によりますと事故があったのは横浜市港北区師岡町の市道の直線道路で、8日午後1時頃、直進中の原付バイクと、隣の車線で同じ方向に走行していた路線バスが接触しました。 この事故で、バイクを運転していた市内に住む50代とみられる女性が転倒してそのままバスにひかれ、その場で死亡が確認されました。 バスには男性運転手と男女およそ20人の乗客が乗っていましたが、ケガをした人はいませんでした。 また、バスのドライブレコーダーから、バイクが右折待ちの車を追い越そうと、左の車線にはみ出したような様子が確認されているということで、県警が事故の状況を詳しく調べています。

神奈川県 8日の感染23人死亡1人

20/7/8(水)17:50

県内では8日、新たに23人に新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

感染が確認されたのは横浜市で8人、川崎市で9人、相模原市で4人、藤沢市1人、平塚市1人のあわせて23人です。 このうち8人の感染経路がわかっていません。 また横浜市に住む90代の女性患者が死亡しました。 一方、となりの東京都は75人で7日ぶりに100人を下回りました。

殺人未遂で47歳女を逮捕

20/7/8(水)13:09

8日未明小田原市の住宅で友人の女性を包丁で刺すなどして47歳の女が現行犯逮捕されました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは箱根町宮ノ下の自称アルバイト菅原真理子容疑者です。 県警によりますと菅原容疑者は8日午前2時頃小田原市に住む47歳の女性の自宅で女性の腹部を包丁で刺し殺害しようとした疑いが持たれています。 菅原容疑者は女性を刺した後、自ら110番通報し、「刺したことは間違いない」と容疑を認めているということです。 女性は命に別状はないということです。 女性は菅原容疑者の友人で県警は何らかのトラブルがあったと見て詳しい動機などを調べています。

コロナ影響調査「売上前年割れ」減少

20/7/8(水)13:06

東京商工リサーチが行った新型コロナウイルスに関する調査で、県内で、5月の売り上げが前の年を下回ったと答えた企業が4月に比べ減少したことがわかりました。

この調査は全国の企業を対象に行われ県内では835社から回答を得ています。 それによりますと、新型コロナウイルスが「企業活動に影響している」と答えた企業は82.9パーセントでこれまでで最も多くなったものの、その中で売り上げが前年割れした企業は80.4パーセントで全国平均よりも少なく、4月から6.5ポイント改善し後退局面を脱したとの見方も出ています。 一方、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための新しい生活様式について、「業績にマイナスの影響を与える可能性がある」と答えた企業は41パーセント、「どちらともいえない」も半数を超えました。 東京商工リサーチは「リモートでの営業活動などの新しいスタイルにどのように対応するべきか悩んでいる企業が多いのでは」と分析しています。