デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > tvkニュース

tvkニュース[2021年3月3日(水)]

宣言2週間程度の延長へ神奈川県内は対策継続

21/3/3(水)22:34

神奈川を含む1都3県への緊急事態宣言の期限が3月7日に迫るなか、菅総理大臣は4日、2週間程度延長する方針を表明しました。黒岩知事は、「阻止できず申し訳ない」としています。

菅首相「私としては、国民の皆さまの命と暮らしを守るために、2週間程度の延長が必要ではないかと」午後6時半頃、自身の考えとしてこのように述べた菅総理。 延長の理由には、病床がひっ迫していることを挙げ、「専門家や関係者の意見をうかがった上で、最終的に私自身が判断する」と述べました。 ※素4秒黒岩知事「重く受け止めないといけない。何とか阻止できなかったこと、本当に申し訳ない」黒岩知事は、宣言が2週間程度延長された場合、現在飲食店などに対して要請している、午後8時までの時短営業を継続し、協力金についても、6万円の支給を続けていく考えを示しました。 こうした対策について黒岩知事は、1都3県で一致させることを強調していて、今後も首都圏全体で足並みをそろえる方針です。 また、感染状況について黒岩知事は改めて、「県内だけ見れば解除されてもおかしくない」としながら、「宣言延長後にも患者が激増することはあり得る」と話し、危機感を示しました。 黒岩知事「患者が激増していたら、また伸ばしますとならざるを得ない。それだけは避けたい。まだまだやることはある。 ちゃんと一人ひとりに届くようなメッセージの出し方を、1都3県でしっかりやっていきたい」街の人「解除して困る人もいるだろうし、解除しないと困る人もいると思うので、決断は難しいと思う」「もう解除したほうが良いと思うが、まだまだいっぱい感染しているから、しょうがないんじゃないか」「解除されると気が一気に緩んでしまいそうなので、病院もいっぱいなので2週間というのは良いんじゃないかと思う」

川崎市 小6日帰りツアーは開催へ

21/3/3(水)22:20

川崎市の福田紀彦市長は、緊急事態宣言が延長された場合でも、小学6年生向けのよみうりランド日帰りツアーなどの行事は、予定通り行う考えを示しました。

川崎市では、修学旅行が中止になった市立小学校6年の児童およそ1万2000人を対象に、多摩区の「よみうりランド」での日帰りツアーを、今月9日から11日にかけて予定しています。3日の会見で福田市長は、緊急事態宣言が延長となった場合でも、十分な感染症対策を行った上で、ツアーを予定通り実施する方針を示しました。 川崎市・福田紀彦市長「よみうりランドツアーは、公共交通機関を使わない形。 制限をかけてであれば、開催すると言ってきた。緊急事態宣言が延びたとしても、予定通り実施する」また、市立の小中学校と高校の卒業式についても、去年と同様に、対策を行った上で実施するとしています。

中3男子集団暴行死 残りの少年5人起訴

21/3/3(水)22:11

男子中学生がタイマンリレーと称される集団暴行を受けて、その後死亡した事件で、横浜地検は4日、検察官送致されていた残りの少年5人を起訴しました。

傷害致死などの罪で起訴されたのは、横浜市に住む16歳の少年5人です。 起訴状などによりますと5人はことし1月、横浜市保土ケ谷区の公園で中学校3年の男子生徒に、「タイマンリレー」と称し、すでに起訴された少年2人と殴る蹴るなどの暴行を加え、男子生徒を死亡させたなどの罪に問われています。 事件をめぐり、5人は横浜家庭裁判所で行われた少年審判の結果、刑事処分が相当として検察官送致されていました。 2月には、別の少年2人が、傷害致死などの罪で起訴されています。 横浜地検は5人の認否を明らかにしていません。 今後、5人の裁判は裁判員裁判となる見通しで、成人と同様に公開の場で審理が行われます。

横浜市港北区で工場全焼 80代男性が軽傷

21/3/3(水)18:41

3日午後、横浜市港北区で工場が全焼する火事があり、80代の男性が煙を吸うなどして軽いケガをしました。

火事があった工場からおよそ150メートルの付近で撮影された映像では、火とともに黒煙が上がり、その煙の下をJR横浜線の電車が走行しているのが分かります。 県警と消防によりますと、3日午後1時半過ぎ、横浜市港北区小机町の工場で、「作業中に火が燃え移った」と警備会社から119番通報がありました。 県警によりますと、火事はおよそ3時間後に消し止められましたが、工場1棟と敷地内にあったテントが全焼しました。 また、工場内で溶接していた80代の男性が煙を吸うなどして病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。 火事があった現場はプラスチックを加工する工場とみられ、当時、20人以上が作業していたということです。 県警が火の出た原因を詳しく調べています。

台風で浸水被害 川崎市の住民らが市を提訴へ

21/3/3(水)18:40

おととしの台風19号で川崎市の水門管理に問題があり、浸水が起きたとして、被害を受けた住民などが市を相手に集団訴訟を起こすことを決め、弁護団が会見しました。

川崎市ではおととし10月の台風19号で多摩川に面した5つの水門から排水管を通って水が逆流。 住宅や商店などが浸水する被害が出ました。 市は「水門操作の判断は手順通りだった」とする検証報告をまとめていますが、浸水被害を受けた住民などからは市側の対応を問題視する声が上がっていました。 きょう会見した原告側弁護団によりますと、集団訴訟の原告には中原区や高津区で被災した住民67人と4つの事業者が参加。 市に対して浸水被害の責任を認めることや、総額およそ2億5000万円の損害賠償などを求めるということです。 原告は3月9日に、横浜地裁川崎支部に提訴する予定としています。

貸金業違反容疑で男逮捕 性行為条件に貸付か

21/3/3(水)18:37

SNSを使って女性2人に対し無登録で貸金業を営んだとして、県警は3日、52歳の男を逮捕しました。

貸金業法違反の疑いで逮捕されたのは藤沢市遠藤の無職、長田信行容疑者です。 県警によりますと長田容疑者は去年6月から7月にかけ、横浜市に住む女性ら2人に対して県の登録を受けずにあわせて160万円を貸し付けた疑いが持たれています。 長田容疑者はSNSを使い女性限定で貸し付け時などに性的な行為をすることを条件に募集をしていたとみられていて、金銭貸借の契約書のほかに婚約証明書に氏名や住所などを記入させていたということです。 調べに対し長田容疑者は、「貸金業者としてお金を貸したのではなく、婚約者に対して貸したのです」と容疑を否認しているということです。 県警によりますと、貸し付け時などに性的な行為をすることを条件とするいわゆる「ひとときヤミ金」と呼ばれる貸金業の摘発は県内で初めてだということです。

神奈川FDがキャンプイン BCリーグ連覇狙う

21/3/3(水)18:35

昨シーズン、参入初年度でリーグ優勝を果たしたプロ野球BCリーグの神奈川フューチャードリームスが、リーグ連覇を目指しキャンプインしました。

無観客のなか平塚市内の球場でキャンプインを迎えた、神奈川フューチャードリームス。 自主トレなどで調整を続けていた新加入の14人を含む全選手が合流し、トスバッティングやシートノックなどで汗を流しました。 昨シーズンは、プロ野球・BCリーグへの参入初年度でリーグ優勝を果たしたチーム。 今シーズンのスローガンを「BuildTradition~伝統を築く~」と発表し、リーグ連覇を目標に掲げました。 神奈川フューチャードリームスは4月11日にホーム開幕戦を行う予定です。

神奈川139人感染5人死亡

21/3/3(水)18:32

新型コロナウイルスについて県内では3日、新たに139人の感染が確認され、患者5人の死亡が確認されました。

感染が確認されたのは、横浜市で40人、川崎市で26人など県内あわせて139人です。 感染者が100人を超えるのは3日ぶりで、先週の水曜日と比べ、46人増えています。 また、80代から100歳代の男女あわせて5人の死亡が確認されました。

小2女児にわいせつか 38歳の男を逮捕

21/3/3(水)12:36

横浜市泉区の路上で、小学2年生の女子児童に「遊ぼう」と声をかけわいせつな行為をしたとして、38歳の男が県警に逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、横浜市瀬谷区阿久和東に住む産業廃棄物回収業の柴田巧容疑者です。 県警によりますと、柴田容疑者は2月4日、横浜市泉区の路上で、面識のない小学2年生の女子児童の体を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。 女子児童は学校から帰宅して遊びに行こうとしたところ、柴田容疑者に「遊ぼう」と声をかけられ、被害にあったということです。 女子児童から被害の申し出を受けて通学先の学校の関係者が県警に通報。 周辺の防犯カメラに柴田容疑者によく似た人物が映っていたということです。 調べに対し柴田容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めていて、現場周辺では、2月から別の女子児童が同様の被害にあう事件が数件発生していることから、県警が関連を調べています。

県 相模原にケア付き宿泊療養施設設置へ

21/3/3(水)12:35

県は、新型コロナウイルスで介護者が付き添えなくなった高齢者などを受け入れるケア付きの宿泊療養施設を4月、相模原市に設置すると明らかにしました。

ケア付きの宿泊療養施設は、介護者がコロナに感染するなどして不在となった、在宅の高齢者や福祉的ケアが必要で入院が難しい障害者を受け入れるものです。 現在、秦野市にある「秦野精華園」で最大10人受け入れていますが新年度からは別の法人が施設を利用することになっていました。 そのため、県は新たな療養施設として相模原市南区にある障害者支援施設「さがみ緑風園」を活用すると発表しました。 受け入れ人数は最大4人で、県の職員や介護者を派遣し入所者のケアを行うということです。 さがみ緑風園での受け入れは4月1日から始まるということです。