デジタル3ch テレビ神奈川

ホーム > 番組案内 > 韓国ドラマ「タンタラ~キミを感じてる」

韓国ドラマ「タンタラ~キミを感じてる」

韓国ドラマ「タンタラ~キミを感じてる」

韓国ドラマ「タンタラ~キミを感じてる」

放送時間

毎週月曜日 19:00~ 2017/10/2スタート

あらすじ

大手芸能事務所の敏腕幹部のシン・ソクホは、自らが育て上げたアイドルグループのジャクソンと共に独立を進めていた。順調な毎日だったが、ある日ソクホは飲酒運転で交通事故を起こし拘置所に。その間にジャクソンは現事務所の引き留め工作に会い残留することに。それは事務所のイ代表がソクホを追い落とすための策略だった。窮地に陥ったソクホは、釜山で偶然チョ・ハヌルの歌声を耳にする。ハヌルは暴行事件の濡れ衣を着せられ心を閉ざしていたが、ソクホの説得に再び歌うことを決意。はじめは反対していた姉代わりのグリンもハヌルを応援することを決意する。ソクホはメンバーを集め、“タンタラ”バンドを結成。夢に向かって始動する。様々な逆風にさらされ、心が折れそうになったとき支えてくれるグリンに、いつしかソクホは心を開き始めるが、ハヌルもまたグリンを想っており…。

各話紹介
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話
  • 第12話
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
  • 第16話
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話
【第1話】
大手芸能事務所KTOPの敏腕マネージャー、シン・ソクホは苦楽を共にして育てたアイドルグループジャクソンと事務所から独立する計画を進めていた。独立への道は順調そうに見えたが、ソクホは予想外の危機に追い込まれる。一方、釜山で暮らすチョ・ハヌルは幼なじみのイ・ジヨンに暴行のぬれ衣を着せられる。姉代わりのグリンは必死にハヌルの無実を訴えるが…。
【第2話】
ジャクソンが華やかに活動を再開し成功を収めるなか、ソクホは最後の希望を抱いて、釜山に向かう。そこで偶然ハヌルの歌声を耳にする。ハヌルのCMソングを持ち帰ったソクホは、ジャクソンのために確保しておいた資金をハヌルの売り出しに使うと言い出す。話を聞いた親友ヨ・ミンジュは契約違反だと大反対。それでもソクホは諦めず、あちこち探し回った末にハヌルが通う学校にたどり着く。
【第3話】
ハヌルは歌うことを決意するが、グリンは大反対。一方、バンドメンバーを探すソクホは偶然通りがかったオーディション会場でジュリアード出身のギタリスト、カイルを見つける。ついに、タンタラバンドとしてスタートした2人は初のオーディションを無事に終える。ある日突然、ソクホを訪ねたナ・ヨンスはベーシストが足りないバンドだと聞いて、ベーシストとして仲間に入れてほしいと伝える。
【第4話】
曲作りのためにハヌルの家を訪れたカイルは、偶然、ハヌルに前科があることを知りソクホとぶつかる。一方、グリンはハヌルのマネージャーになるとソクホに宣言。しかし、ハヌルは突然、やはり歌えないと言い出す。ハヌルが残していったキャラメルとCDを見たソクホはあることを思い出す。そのまま納骨堂に向かったソクホは涙を流しながらハヌルの兄ソンヒョンにハヌルは弟なのかと問いかける。
【第5話】
レコード店で、ソンヒョン、ハヌルと一緒に話した過去を思い出すソクホ。そしてCDの中に入っていた手紙を見つける。手紙を読んだソクホはハヌルを説得するために釜山に向かい、あとから追いかけてきたカイルと一緒にグリンの家で世話になる。ハヌルの暴行事件で虚偽の証言をしたジヨンがKTOPに所属していることを知ったソクホは、キム・ジュハンを訪ねて警告する。
【第6話】
ハヌルは、再び歌うことを心に決めて、グリンと共にソウルへ向かう。一方、ソクホはハヌルのぬれ衣を晴らすために事件を調べるうちに、ジュハンから事件の真犯人がいることを聞かされる。しかし、その犯人とは長年ソクホが育て上げたJACKSONのリーダージヌだった。ハヌルのぬれ衣を晴らしたい思いと、ジヌを警察に突き出せない思いで苦しむソクホが出した決断とは・・・。
【第7話】
突然連絡が途絶えてしまったソクホを待ち続けるハヌル。ある時、トラックに乗っているソクホを見かけたハヌルは、トラックを手掛かりにソクホを探し当てるが、ソクホが作った曲で歌いたい、みんな集まって待っているとひと言残して帰ってくる。ハヌルの言葉に励まされたソクホは、ジュハンに会い、どんな妨害にも屈せず、ハヌルのぬれ衣を晴らすと宣戦布告する。
【第8話】
新たにソウル大学に在学中の優等生ソ・ジェフンをドラマーとしてメンバーに迎えたタンタラ。生放送の出演依頼を受けたメンバーは大喜びだったが、KTOPの強硬な妨害により出演依頼をキャンセルされる。ソクホはプロデューサーに局長に会わせてほしいと頼み込む。局長室の前から追い出されようとした時、局長に呼ばれたKTOPのイ・ジュンソク社長、ジュハンとすれ違う。
【第9話】
ジュハンたちが放送局から去ったあと、ソクホは出演の連絡を受け大喜びするが、ジュンソクはソクホを業界から追放するために、更なる妨害の準備を進めていた。生放送のオープニング出演は成功し、ラジオ番組の出演も決まったタンタラだったが、直前にキャンセルされてしまう。代わりに決まったゲストはジヌだった…。ジヌのタトゥーを見たハヌルは釜山での事件を思い出す。
【第10話】
ジュリアードでカイルと同じ専攻だったイ・サンウォンの韓国公演があることを知ったグリンは、タンタラの宣伝のために公演にゲスト出演できないかと考える。グリンに突然解雇を言い渡すソクホ。グリンは一生懸命に学ぶと言いながらすがるが、ソクホは断じて許さない。マネージャーの資格がないと言われ悔しがるグリンはずっと泣き続け、ハヌルはそんなグリンを励ます。
【第11話】
カイルはサンウォンに会いに行き、これまで抱いてきた劣等感を克服する。一方、ジヌはラジオ番組に出演した時の投稿が気になり、釜山の事件現場に向かう。そして同じくそこで待ち伏せしていたハヌルと居合わせる。ジヨンの家から出てきたハヌルは、事故を起こし、車から降りて苦しむジヌを見つける。ソクホに電話したハヌルは状況を説明し、ジヌをタクシーに乗せてソウルに向かう。
【第12話】
母親にバンドの活動を反対され、姿を消したジェフンを心配するメンバー。ジェフンは、バンドを続けたいと母親に言うが、まったく耳を貸さない。大学にやってきたソクホとメンバーを見たジェフンはタンタラに戻ることを決意する。グリンが描いた傘の絵を見たソクホは、グリンが出張で行っている地方の美術館に向かう。そして、グリンとソクホは出張先で一緒に泊まることになり・・・。
キャスト・スタッフ
スタッフ 演出:ホン・ソンチャン「美男<イケメン>ですね」「ドラマの帝王」、イ・グァヨン
脚本:ユ・ヨンア 「キレイな男」「バーディーバディ」
出演 チソン、ヘリ<Girl's Day>、カン・ミンヒョク<CNBLUE>、L.JOE<TEENTOP>、コンミョン<5urprise>、イ・テソン、チェ・ジョンアン、アン・ネサン、チョン・ノミン、ホ・ジュンソク、チョン・マンシク 他
(ゲスト出演)
ソ・ガンジュン<5urprise>、パク・シネ、メン・サンフン、クォン・ヘヒョ、チョン・チャン 他